3月 242013
 

VMwareESXi 5.1 の環境で FreeBSD/adm64 9.1-RELEASE がゲスト OS として動作しています。 PCI 接続の内蔵 NIC がもう無いので USB NIC を VMwareESXi が動作している物理サーバに接続したんですけども。

USB NIC ってのはすごいですね。 VMware vSphere Client から FreeBSD に USB デバイスを割り当てたら FreeBSD 側のドライバで NIC を認識しました。

以下のキャプチャは VMware vSphere Client の「仮想マシンの設定の編集」画面から USB デバイスを FreeBSD に追加して上げた状態です。

VMwareESXi_USB_NIC_add_1.JPG

この段階で FreeBSD 側は USB NIC を axe0 として認識して ue0 に割り当てました。

ugen1.2:  at usbus1
axe0:  on usbus1
miibus0:  on axe0
ukphy0:  PHY 16 on miibus0
ukphy0:  none, 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto, auto-flow
ue0:  on axe0
ue0: Ethernet address: 00:0e:c6:f0:24:zz
ue0: link state changed to DOWN

 
VMware ESXi で利用する NIC って vSwitch 経由で FreeBSD 的には em0 などに割り当てるという認識があるのですが VMwareESXi もゲスト OS である FreeBSD も起動している状態においては VMware ESXi を経由せずにサクっと FreeBSD 側で認識してしまった。ということですね。

$ ifconfig -a | grep -v "^\s"
em0: flags=8843 metric 0 mtu 1500
lo0: flags=8049 metric 0 mtu 16384
vmx3f0: flags=8843 metric 0 mtu 1500
ue0: flags=8802 metric 0 mtu 1500

 
こんな感じで、em0 と vmx3f0 は vSwitch 経由、 ue0 はダイレクトに接続されている FreeBSD ネーテブなドライバで認識されている NIC ということになります。

VMwareESXi は設定で NIC 一個を vSwitch を介さずにゲスト OS に渡す設定ができるんだっけかな?やったことが無いので解らないのですが。けど、 USB な NIC を利用するとサクっとそれができるようになります;-)。

しかし、このネタって既に一般常識? f(^^;;。

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.