1月 292022
 

ちょっと前に「HP ProDesk 405 G6 SFF/CT 購入。」と、いうエントリを書きました。ことのときから 13.0-STABLE を利用するようになりました。

ただし、CURRENT とか STABLE というのはある意味ナマモノであり『ちゃんと動作するタイミング』というのがあるので、一旦、正常動作しているソースツリーにぶち当たるとそれをずっと使い続ける。と、言う状態だったのですが、最近、風の噂で Intel Wi-Fi 6 AX200 がどうやら動作するようになって来た。と、言う話題が出ていたので、いよいよ試してみようか。と・・。
上のエントリの中でも試しているのですが、このときは見事に玉砕していたのですけどもね。

 
と、いうことで git で STABLE の /usr/src のソースコードをどうやって持ってくるのか、ちっとも解らない。ググッても、ちっとも解らない・・。orz

http://ftp.iij.ad.jp/pub/FreeBSD/snapshots/amd64/13.0-STABLE/

とりあえず、ここにアクセスしてみた。なるほどー。snapshot なので定期的に更新されているようですね。ここから src.txz の たー玉をゲット。 /usr/src に展開したあと make buildworld 系おまじないをかけて、そこはかとなく新しい /usr/src/sys/contrib/dev/iwlwifi/ が存在していて if_iwlwifi.ko カーネルモジュールがインストールされる環境が整ったのでありました。

 
さてと、ここからは実際に kldload if_iwlwifi.ko して利用してみましょう。あ、今回は ThinkPad X13 で試しました。こいつには Intel AX200 が付いているしいよいよいもって使ってみたいのでね。

参考になるのは以下の URL です。

https://wiki.freebsd.org/WiFi/Iwlwifi

と、いうか、今のところ、ここしかない感じ。あと、freebsd-wireless な ML のスレッドを追いかけるしかないです。

https://lists.freebsd.org/archives/freebsd-wireless/

 
まずはじめに /boot/loader.conf に if_iwlwifi_load=”YES” を書くところから始めるのですが、これ書くと以下のエラーがドドドと表示されて iwlwifi のファームウェアが正しくロードできないようです。

<略>
kernel: iwlwifi0: could not load firmware image 'iwlwifi-cc-a0-57.ucode'
kernel: iwlwifi0: File size way too small!
kernel: iwlwifi0: could not load firmware image 'iwlwifi-cc-a0-56.ucode'
kernel: iwlwifi0: File size way too small!
<略>

 
なんか、調べてみると、上記の現象は /boot/loader.conf から if_iwlwifi.ko を kldload した場合、ファームウェアが格納されるメモリが無くなってしまって正しいサイズのファームウェアがロードできない状態らしい。なので /etc/rc.conf に書いたほうが良い。とのことでした。

こんな感じ。

kld_list="amdgpu.ko if_iwlwifi.ko"

 
僕のは Renoir なマシンなので、amdgpu.ko と一緒にロードさせてあげます。で、再起動すると、今度は無事に動作しそうな雰囲気です。とりあえずは pciconf -lv で確認してみましょう。

iwlwifi0@pci0:2:0:0:    class=0x028000 rev=0x1a hdr=0x00 vendor=0x8086 device=0x2723 subvendor=0x8086 subdevice=0x0080
    vendor     = 'Intel Corporation'
    device     = 'Wi-Fi 6 AX200'
    class      = network

 
Wi-Fi 6 AX200 に違うドライバ、例えば iwm0 などが割り当てられていた場合、 WiFi/Iwlwifi にも書いてあったとおり

# devctl detach pci0:2:0:0
# devctl set driver pci0:2:0:0 iwlwifi

 
してみて、ちゃんと iwlwifi0が割り当てられることを確認しましょう。無事に割り当てることができたら第一関門突破です;-)。

 
さてと。無事に認識したようなので、次に /etc/rc.conf に設定を書きます。僕の場合はこかん感じで。

wlans_iwlwifi0="wlan1"
create_args_wlan1="wlanmode sta regdomain JAPAN country JP"
#wlandebug_wlan1="+state +crypto +node +auth +assoc +dot1xsm +wpa"
ifconfig_wlan1="WPA DHCP ssid AP-Point mode 11ac country JP"

 
しかし、全く起動時に反応してくれない。しょーがないので起動時の利用は諦めるしか無い雰囲気・・。

一応、有効化するためのスクリプトと、いうかコマンドを並べてみました。

#!/bin/sh

#devctl set driver pci0:2:0:0 iwlwifi0

ifconfig wlan1 create wlandev iwlwifi0
ifconfig wlan1 mode 11ac country JP
ifconfig wlan1 ssid AP-Point bssid 90:17:c8:ff:ff:ff
ifconfig wlan1 up
ifconfig wlan1 scan
ifconfig wlan1 WPA
ifconfig wlan1 DHCP
/usr/sbin/wpa_supplicant -s -B -i wlan1 -c /etc/wpa_supplicant.conf -D bsd -P /var/run/wpa_supplicant/wlan1.pid

 
上のコマンドを順番に打っていくと・・。

# ifconfig wlan1 mode 11ac country JP
ifconfig: SIOCSIFMEDIA (media): Device not configured
# ifconfig wlan1 WPA
ifconfig: WPA: bad value
# ifconfig wlan1 DHCP
ifconfig: DHCP: bad value

 
mode 11ac を受け付けてくれず、他に WPA と DHCP オプションが機能してくれないようです・・。orz。

一応確認してみると、

# ifconfig wlan1
wlan1: flags=8843 metric 0 mtu 1500
        ether a8:7e:ea:ff:ff:ff
        inet 192.168.1.150 netmask 0xffffff00 broadcast 192.168.1.255
        groups: wlan
        ssid AP-Point channel 36 (5180 MHz 11a) bssid 90:17:c8:ff:ff:ff
        regdomain JAPAN country JP authmode WPA2/802.11i privacy ON
        deftxkey UNDEF AES-CCM 3:128-bit txpower 23 bmiss 7 mcastrate 6
        mgmtrate 6 scanvalid 60 wme roaming MANUAL
        parent interface: iwlwifi0
        media: IEEE 802.11 Wireless Ethernet OFDM/36Mbps mode 11a
        status: associated
        nd6 options=29

 
802.11ac で接続してもらって、速さを体験したいのに、なんで 11a でしか接続しないのだろう・・。ちなみに ifconfig は ssid の他に bssid も合わせて指定していて 802.11g ではない 5GHz 帯の AP に接続するように調整しています。ヘタるすと 802.11n とか 802.11g に(『で』が正解か?)接続してしまう場合もあります。

この状態でスピードサイトにアクセスして計測してみると、ダウンロードで 20Mbps 下回る程度、アップロードでも 10Mbps 程度の速度しか出ません。

あれあれ? iwlwifi0 って 802.11ac と ax に対応しているんじゃないの? どうしてこんな遅いの!? ちょっとガクゼンとしてしまいました・・。 orz

 
このブログでは今までもう何回も FreeBSD で動作する WiFi USB ドングルについて記載してきました。

FreeBSD 12.0-RELEASE から if_rtwn が利用可能ななった。」など。

REALTEK の RTL88 系チップは 802.11ac に対応していて、ドライバは rtwn0 を利用するとこにより 5GHz 帯に接続できるぜぃ。みたいな感じで AX200 が利用できない状態においては非常に効果的に機能する WiFi ドングルでした。最近の FreeBSD 12.2-RELEASE 以降では問題なく利用できる状態。

ただ、こちらもやはり 20Mbps 程度と、FreeBSD で利用すると速度が出ていなかった・・。なので、 802.11ac に対応した iwlwifi0 で『Windows 並にバリバリ速度でるのかな? ワクワクっ!!』などと期待感大だったのに、ちょっと裏切られた感じ・・。

 
今まで USB ドングル利用していた WiFi はオンボードのチップが使えるようになって、 USB ポートが一個空いたねぇ。な感じ。速度的には変わらないし、 /etc/rc.conf に記載した内容が起動時に反映されないし・・。

13.1-RELEASE ではもう少しマトモになるかもしれないけど、速度的には望めないとなると、悲しい部分が・・。orz
と、いうことで /etc/rc.conf に記載してブート時に利用可能になるまで、もうすこし rtwn0 を利用し続けるかなぁ・・。

1月 082022
 

ウェブで色々調べてみると、みんな中途半端なネタしかなくて、ウェブ UI まで含めた Docker Registry を作るのにずいぶんと苦労しました。

今回はそれをきれいさっぱりとまとめてみたいと思います。

僕はそれほど Docker に詳しくはないけど、今回のターゲットの読者 (って、いるのかな?;-) は、普段から Docker コンテナを利用していて、Docker image を自分が作成した Docker Registry で管理したい人向けです。

では始めます。今回のプラットホームは AlmaLinux 8.5 です。 docker は以下です。

$ cat /etc/os-release 
NAME="AlmaLinux"
VERSION="8.5 (Arctic Sphynx)"
ID="almalinux"
ID_LIKE="rhel centos fedora"
VERSION_ID="8.5"
PLATFORM_ID="platform:el8"
PRETTY_NAME="AlmaLinux 8.5 (Arctic Sphynx)"
ANSI_COLOR="0;34"
CPE_NAME="cpe:/o:almalinux:almalinux:8::baseos"
HOME_URL="https://almalinux.org/"
DOCUMENTATION_URL="https://wiki.almalinux.org/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.almalinux.org/"

ALMALINUX_MANTISBT_PROJECT="AlmaLinux-8"
ALMALINUX_MANTISBT_PROJECT_VERSION="8.5"

$ rpm -qa | grep dock
docker-scan-plugin-0.12.0-3.el8.x86_64
docker-ce-rootless-extras-20.10.12-3.el8.x86_64
docker-ce-cli-20.10.12-3.el8.x86_64
docker-ce-20.10.12-3.el8.x86_64
$

 
まず、Docker image を取ってきます。まぁ、ほぼほぼ標準のイメージです。
あ、/etc/group の docker グループに自分のアカウントを追加して上げましょう。一般ユーザ権限で docker コマンドが利用可能になります。

$ docker pull registry:2
<略>
$ docker pull konradkleine/docker-registry-frontend:v2
<略>
$ docker pull ekazakov/docker-registry-frontend
<略>

 
一番最初の docker pull は registry-server 本体です。
二番目の docker pull は ウェブで検索すると良く出てくる registry のウェブ UI です。
三番目の docker pull は registry のウェブ UI ですが、なんと、削除ボタンが付いていて不要なDocker image を削除することができます(が、僕はまだ削除したことないですf(^^;;)。

これで docker image が揃ったので docker run してみます。と、言いつつまだまだ準備ができていません。

と、いうか、最近の docker pull/push は SSL に対応しているので、プライベートで立てる registry サーパ (『リポジトリサーバ』とも言う) も SSL でアクセスできるようにして上げる必要があります。
つまり、 docker image の registry:2 を起動するためには SSL 証明書が必要なんですな。 Let’s Encrypt などでまずは証明書を準備してください。

ここ、大切な部分です。この工程をけずって『プライベートレジストリを構築するーっ!!』って、サイトが多くてイヤになる・・。非常にノイジー。古いコンテンツは消して欲しい。と、思う部分ですな。
とはいいつつ、僕のサイトにも古い記事が今でも残っているけど・・f(^^;;。

と、いうことで registry:2 イメージを run するための証明書の準備です。

# mkdir /opt/docker/repository/certs/
# cd /usr/local/etc/letsencrypt/live/running-dog.net/
# cp cert.pem /opt/docker/repository/certs/domain.crt
# cp chain.pem /opt/docker/repository/certs/ca.crt
# cp privkey.pem /opt/docker/repository/certs/domain.key

 
Let’s Encrypt で取得した証明書を /opt/docker/repository/certs/ と、いうディレクトリにそれぞれの名前で格納しました。自分のドメイン名に照らし合わせてください。
あーぅー。Linux の場合、 Let’s Encrypt のベースディレクトリはどこになるのだろう? 上記の例では FreeBSD 的に /usr/local/etc/letsencrypt/ になっていますな。自分の環境に合わせてくださいf(^^;;。

起動するときは以下のような感じ。

# mkdir /opt/docker/repository/data/
$ docker run -d -p 0.0.0.0:5000:5000 --restart=always \
 -v /opt/docker/repository/data:/var/lib/registry \
 -v /opt/docker/repository/certs:/certs \
 -e REGISTRY_HTTP_TLS_CERTIFICATE=/certs/domain.crt \
 -e REGISTRY_HTTP_TLS_KEY=/certs/domain.key \
 --name registry-server \
 registry:2

 
-v でレジストリのデータを管理するディレクトリと、証明書が格納されているディレクトリをコンテナから参照できるようにしてあげます。

IP アドレスは 0.0.0.0 を指定してあげまていますが、Docker ホスト側の IP アドレスの Port:5000 に (telnet で) アクセスすると開いているかと思います。
レジストリサーバは SSL でアクセスするので、 Docker ホストの IP アドレスに FQDN を指定してあけます。今回は registry.running-dog.net にしました。view internal な DNS ゾーンファイルに設定するか /etc/hosts に指定してください。

curl で以下の要領でアクセスすれば良いです。

$ curl -k https://registry.running-dog.net:5000/v2/_catalog
$ curl -k https://registry.running-dog.net:5000/v2/centos/tags/list

 
上の curl は docker push されている、つまり、プライベートレジストリに登録されている Docker image の一覧が表示されます。
下の curl は、仮にプライベートレジストリに centos という Docker image が push されていたとすると登録してあるタグ番号一覧を返してくれます。

ここまでは Port:5000 でアクセスする registry-server 側の設定と起動方法になります。ウェブ UI がなくても上記 curl でイメージとタグ番号の確認はできます。

 
では、ここからはいよいよウェブ UI です。
インターネット上で検索してみると、docker run してサクっと registry-server に接続してその情報を表示してくれる。みたいなサイトがゴマンとありますが、あれ、みんなウソです。全然表示してくれない。なんでやねんっ!?

僕もずいぶんと悩みました。どんなにやっても ウェブ UI のコンテナから registry-server にアクセスできないっ!! ずっと、悩んでいたのですが、ようやっと、問題解決です。
先に種明かししますが、registry-server は SSL の Port:5000 にアクセスします。 URL 的には https://registry.running-dog.net:5000/ ですね。ウェブ UI 側も registry.running-dog.net の Port:5000 にアクセスするように docker run 時に指定するのですが、これは http で registry.running-dog.net の Port:5000 にアクセスしているんですね。プロトコルが https で Port:5000 にアクセスできていないので、ウェブ UI 上に registry-server の情報を表示できなかったんですね。

ここの情報について書いているサイト、ほぼ皆無です。

ウェブ UI 側のコンテナは以下のように docker run してみましょう。

$ docker run -d -p 0.0.0.0:8080:80 \
 --net reg-Segment \
 -e ENV_DOCKER_REGISTRY_HOST=registry.running-dog.net \
 -e ENV_DOCKER_REGISTRY_PORT=5000 \
 -e ENV_DOCKER_REGISTRY_USE_SSL=1 \
 -e DOCKER_REGISTRY_SCHEME \
 --name registry-web \
 ekazakov/docker-registry-frontend:latest

 
今回は削除ボタンのある ekazakov/docker-registry-frontend:latest の Docker イメージを利用してみました。
-e で環境変数を指定します。よくあるのは ENV_DOCKER_REGISTRY_HOST と ENV_DOCKER_REGISTRY_PORT です。この二つだけの指定では ウェブ UI は http で ENV_DOCKER_REGISTRY_HOST に指定したホストの ENV_DOCKER_REGISTRY_PORT に指定したポート番号にアクセスします。
この瞬間、まさに『ダメた。こりゃ。』な状態です。
https でアクセスするためには更に追加で DOCKER_REGISTRY_SCHEME と ENV_DOCKER_REGISTRY_USE_SSL=1 を指定してあげます。これで registry-server に https でアクセスしに行って、ウェブ UI に登録されている情報を表示してくれるようになります。

いやぁ・・。疲れた。あとはひたすらウェブ UI を使い込んでいくことなるかと思います。ふぅ・・。

 
と、いうことで、HTTPS でアクセスする registry-server と registry-server から HTTPS で情報を取りに行ってウェブ UI に表示してくれる registry-web がセットで起動できました。
あ、ウェブ UI 側は http://registry.running-dog.net:8080/ でアクセスできます。こちらのプロトコルは HTTP です;-)。

 
では、どうして今回、ウェブ UI は『どうして表示できないのだ?!』と、悩んでいたのが解決できたか?
についてですが『そもそも https でアクセス行ってないからじゃね?』と、思ったから。が、ベースとなっていますが、 Docker イメージである registry:2 も ekazakov/docker-registry-frontend:latest も、 docker exec で中に入ることができないんですねぇ・・。コンテナに与える環境変数は他にはないのか?確認する手段が無かった。と、いうのが大きな点ではありますが、ところがそうではないっ!!

$ docker ps -a
CONTAINER ID   IMAGE                                      COMMAND                  CREATED        STATUS        PORTS                                            NAMES
2f3a138f1b8e   ekazakov/docker-registry-frontend:latest   "/bin/sh -c $START_S…"   23 hours ago   Up 23 hours   443/tcp, 0.0.0.0:8080->80/tcp, :::8080->80/tcp   registry-web
d1e9dbf6e9a5   registry:2                                 "/entrypoint.sh /etc…"   24 hours ago   Up 24 hours   0.0.0.0:5000->5000/tcp                           registry-server
$ docker exec -it d1e9dbf6e9a5 /bin/bash
OCI runtime exec failed: exec failed: container_linux.go:380: starting container process caused: exec: "/bin/bash": stat /bin/bash: no such file or directory: unknown
$ docker exec -it d1e9dbf6e9a5 /bin/sh
/ # ls -l /bin/busybox 
-rwxr-xr-x    1 root     root        841288 Nov 12 11:37 /bin/busybox
/ # exit
$

 
docker ps してから docker exec -it で registry:2 に /bin/bash で入ろうしたけど、/bin/bash がないので、試しに /bin/sh にしてみたらあらは入れた。ついでに registry:2 は busybox で動作しているのねぇ。 i386 i686 系の busybox って、初めて見た。みたいな。

 
konradkleine/docker-registry-frontend:v2 も /bin/bash はないけど /bin/sh で中に入れます。
ekazakov/docker-registry-frontend:latest は /bin/bash で中に入れました。

$ docker exec -it 2f3a138f1b8e /bin/bash
root@2f3a138f1b8e:/# env
HOSTNAME=2f3a138f1b8e
APACHE_RUN_USER=www-data
TERM=xterm
ENV_DOCKER_REGISTRY_PORT=5000
APACHE_LOG_DIR=/var/log/apache2
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin
PWD=/
APACHE_RUN_GROUP=www-data
ENV_DOCKER_REGISTRY_USE_SSL=1
SOURCE_DIR=/tmp/source
WWW_DIR=/var/www/html
SHLVL=1
HOME=/root
START_SCRIPT=/root/start-apache.sh
ENV_DOCKER_REGISTRY_HOST=registry.running-dog.net
_=/usr/bin/env
root@2f3a138f1b8e:/# cat /root/start-apache.sh
<略>
root@2f3a138f1b8e:/# exit
$

 
こんな感じです。 ekazakov/docker-registry-frontend:latest の ウェブ UI は apache で起動しているみたいです。 /root/start-apache.sh の中に docker run 時に指定した環境変数を取り込んでホスト名・ポート番号・プロトコルが設定されます。
この /root/start-apache.sh のファイルの中をじっくりと確認することによって、そこから想像する分には『https://でアクセスするようにしないとアカンのねえ・・。』と、思いつくのでありました。
あとは環境変数を見つけてそれをコンテナに渡してあげれば・・。ふぅ。なんとか動き出した。と、いう状態なのでありました。それが 、 DOCKER_REGISTRY_SCHEME と ENV_DOCKER_REGISTRY_USE_SSL なのでありますね。

 
それにしても、有名どころの git で拾ってきた docker イメージも docker exec で /bin/bash で中に入れないとき、 /bin/sh とかだと入れるとか、他にもっと実は色々な入り方 (裏技) があるのかもー。と、関心させられた事象だったのであります。

そして、Port:5000 番でアクセスする registry-server と、Port:8080 でアクセスする registry-web 。ふぅ。なんとか構築することができたのであります。

 
今の docker pull/push は SSL が基本です。http でアクセスできていた古いインターネット上の記事には惑わされないようにしてください;-P。