2月 022013
 

VMware ESXi が色々動作して来たのでそれではいよいよ FreeBSD をインストールしましょう。

OS インストール用の iso イメージは以前書いた通り「データストア ブラウザ」を利用して VMware ESXi にアップロードします。

「新規仮想マシンの作成」 からゲスト OS をを作成します。
僕の場合、40GByte の HDD を持つ FreeBSD-default という仮想マシンを作成しました。まず先にここに FreeBSD/amd64 9.1-RELEASE をインストールして環境を整えて必要な ports をインストールしてからタネにしました。

あとは「データストア ブラウザ」からファイルをコピーして新たな FreeBSD をボコボコ量産していきました;-)。

以下はキャプチャですが、左側のフレームでフォルダを作成し、 FreeBSD-default ディレクトリ中の log ファイル以外のデータを新規に作成したディレクトリにコピーしてあげます。



クリックすると大きくなります。

vmdk などのファイル名は仕様により変更できないので、タネのファイル名はいかにも “共通” っぽいファイル名のほうが良いと思います。

新しいディレクトにコピーが完了したら vmx 拡張子のファイルを選択し右クリックで「インベントリへ追加」を選択します。そーすると VMware vSphere Client のインベントリに新しい仮想マシンが登録されます。一番最初の起動時のみコピーしたのか? 移動したのか? と聞かれるので「コピーした。」を選択し、起動すれば良いですね。

起動前に「仮想マシンの設定の編集」画面を開いて色々設定すると良いかもしれません。僕は「イーサネットアダプタ」を追加しています。特にアダプタタイプに “VMXNET 3” を指定したものを一個追加しています。そして、全ての仮想マシンに “VMXNET 3” 用の仮想スイッチを追加し、裏 LAN 用に利用しています。



クリックすると大きくなります。

FreeBSD のインストールが完了したら VMware Tools をインストールしましょう。 freebsd.iso というのがちゃんと用意されているので「CD/DVD ドライブ 1」にそれをマウントします。 VMware ESXi 的には /usr/lib/vmware/isoimages/ の中に色々な OS 用の VMware Tools が用意されています。

まぁ、このディレクトリから freebsd.iso を持ってきて mdconfig を利用して mount して vmware-freebsd-tools.tar.gz を抜き出しても全然問題は無いです;-)。

tar.gz ファイルを展開すると vmware-tools-distrib/ の中に vmware-install.pl というスクリプトがあるのでこれを実行するとインストールが完了します。

# mdconfig -a -t vnode -f freebsd.iso -u 0
# mount_cd9660 /dev/md0 /mnt/
# cd /mnt/
# cp vmware-freebsd-tools.tar.gz /tmp/
# cd /tmp/
# tar xvzfp vmware-freebsd-tools.tar.gz
# cd vmware-tools-distrib/
# ls
FILES           doc/            lib/
INSTALL@        etc/            vmware-install.pl@
bin/            installer/
# ./vmware-install.pl
A previous installation of VMware Tools has been detected.
:

 
僕は FreeBSD/amd64 9.1-RELEASE をインストールしていますが、VMware tools をインストールするには ports から misc/compat6x をインストールする必要があります。あと、 perl も必須になるので lang/perl* の好きなバージョンをインストールしてください。僕の場合は perl-5.16.2 をインストールしました。

VMware Tools のインストールが完了するとメモリ周りが速くなったりするそうです。あと、イーサネットアダプタに “VMXNET 3” を追加したので vmx3f0 というインターフェースが生えてきます。こいつは media: Ethernet 10Gbase-T でリンクアップします;-)。

実際に仮想マシン同士で em0 と vmx3f0 でデータ転送の比較をしてみたのですが em0 は大体 430Mbps 、 vmx3f0 は 440Mbps 程度の転送速度でした。 10Gbps は出ないですねf(^^;;。

VMware Tools をインストールしたら kldstat とか叩いてみると良いかもしれないです。色々 VMware のカーネルモジュールがロードされるようになります。

これで VMware ESXi 対応の FreeBSD の環境が整いました。 jail も良いんだけど OS 単体の FreeBSD がボコボコ作れる状態になりました。思う存分 FreeBSD で遊べそうです;-)。

  1 件のコメント to “ESXi のゲスト OS に FreeBSD を。”

  1. 名前の無い方からコメント頂いたのですが、匿名さんは掲載しないようにしています。次回は是非、何かしらの文字列を入れて頂ければと思います。
    さて、vmx3f0 は 10Gbps でリンクアップしたけど、テストしてみたら 440Mbps しか出なかった。と書いているのですが、これって単純に HDD のボトルネックですねf(^^;;。
    $ scp a.iso hohe:/dev/null
    とかコマンド叩いても a.iso がディスク上にあったらナンのテストにもならんちゅーかf(^^;;。 a.iso 側は md0 辺りに乗せておかないとテストにならんですねぇ。 < 自分へのコメント。

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.