10月 012017
 

夏休みを利用してハワイ島に行って来ました。何年か前にベトナムに行ったときは空港で SIM を購入したのですが、今回はどうするかなぁ。などと思い調べてみると、あれま。 Softbank はアメリカ放題というサービスをやっていて、無料で Sprint のネットワークに接続できるのねぇ。と、いうことがわかりました。今回その使い勝手についてちょっと書きます。

ちなみに、まだ請求は来ていないの実際にいくらかかっているのかはわかりません。追って加筆します。

 
まず、アメリカ放題というサービスがある。と、いうのは知ったので、コナ国際空港に降り立った段階で、 iPhone6 を機内モードから解放すると、すかさず Sptint のネットワークに接続します。そして、Softbank から SMS が届き、「アメリカ放題適用中です。」と知らせてくれ、接続方法が記載されています。

キャリアを『自動』にするのはちょっと怖いなぁ。などと思うんですが、『自動』をオフにして、表示された一覧から Sprint に接続しようとしても圏外のままで接続できませんでした。

ちなみにキャリアはこんな感じで見えました。

ハワイ島のカイルア・コナの辺りです。

 
さてと。無事に Sprint のネットワークに接続でき、無料でアメリカ放題が楽しめます。普段利用している Softbank の iPhone6 がそのまま利用可能です。

ただし、注意点も必要です。ホテルの近辺だけで過ごすのあれば全然問題無いのですが、例えば、ハワイ島一周パスツアーなどにでかけると Sprint の電波が届かないところがあります。そして、そのとき、他のキャリアの電波が届いていると勝手にそっちに接続してしまいます。

すると、今度はこんな SMS が届きます。恐ろしいですねぇ。実際、いくらくらいかかるのわからないですねぇ。怖いですねぇ。とは言いつつ、 Softbank には「海外パケットし放題」というサービスがあるようです。 0〜2,980 yenの間なので、まぁ、そんなにダメージはないかな?今回は二回くらい T-Mobile に接続されてしまいましたが、ローミングをオフにしていたので多分問題は無いと思われます。
が、請求が来たときにどうなっているかですね。

 
一応、 Sprint のネットワークで RBB Tpday のスピード計測してみました。

ハワイ島から大手町のサーバにアクセスしてどないせぃちゅーんじゃい!? 感はじゅーぶんにあるのですが、速度はほとんどが海底ケーブルのレイテンシですよね。きっと;-)。ping の速度がそれを物語っているかな。

それにしても広告が表示されないのは良いことだぁ;-)。

 
と、いうことで Softbank 回線を契約している人はアメリカに行くと SIM の心配はすることなく、無料でスマートフォンを接続できます。嬉しいことです。

が、「アメリカ放題」を利用する人は一応 Softbank のサイトを見て、確認してくださいね。対応機種が結構限られているし。

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)