7月 102014
 

X11 で利用するためのターミナルソフトというのは /usr/ports/ の下を探すと色々あるんですけども、僕なんかは KDE4 を利用していて『konsole あるじゃん。』となるんですが、どーも konsole は使いにくい。その中で色々と試して自分に良い感じのモノを利用したいモノです。

過去にもこのブログでは gtkterm2 のエントリを書いたりもしましたが、今回はそれに続く第二弾。と、いう感じでしょうかねぇ。

今回取り上げるのは xfce4-terminal です。 ports 的には x11/xfce4-terminal/ になります。もともとはウィンドマネージャである xfce4 (ports 的には x11-wm/xfce4)のターミナルソフトとしての役割があるのですが KDE4 を利用している場合においても x11/xfce4-terminal を make install することはできます。

xfce4 本体は利用せずともターミナルだけをインストールすると以下と、それに関連するプログラムがインストールされます。

libxfce4menu-4.10.0
libxfce4util-4.10.1
xfce4-conf-4.10.0
xfce4-terminal-0.6.3

まぁ、これくらいなら許せるかねぇ。って気がしないでもないので僕は使い続けているんですけどもね;-)。

で、xfce4-terminal のインストールが無事に完了し KDE4 で起動するとこんな感じになります。あ。上部のメニューの部分だけのキャプチャです。

xfce4-terminal_1

xfce4 をウィンドマネージャとして利用していると、ツールバーは 文字・アイコン・両方が選択できるのですが、 KDE4 上で利用するとその選択ができずに”両方”しか選択の余地が無いんですね。ちなみに xfce4 でウィンド装飾を設定するには xfce4-appearance-settings というプログラムを利用します。 ports 的には sysutils/xfce4-settings に含まれているのでいつを追加でインストールし xfce4-appearance-settings を起動してツールバーを”アイコンのみ”にしても KDE4 上で起動した場合には”両方”でしか表示できないんですね。

で、しばらくはツールバー無しで利用していたのですが、せっかくある機能、使わずしてどうする?などと、ザラ議長のような発想になってしまい、あちこち調べて格闘してみた。と、いうネタが今回のエントリーです;-)。

 
ウィンドマネージャである xfce4 の各種設定情報は $HOME/.config/xfce4/ に色々保存されます。ウィンド装飾の設定は $HOME/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xsettings.xml というファイルに保存されますが xfce4-terminal を単体で起動した場合にはこの設定ファイルを読み込まずにそのまま起動してしまうようです。 xfce4 のセッションを管理している何かしらの管理デーモンが画面全体を制御しているのでしょうなぁ。

では、 xfce4-terminal のソースを書きなおして default が BOTH なのを ICON に変えれば良いじゃないか。とか思い、ソースコードを見たのですが、うーむ。この辺りは GTK2 が管理しているようで GTK2 について詳しくない僕にとっては中々手強いのでありましたf(^^;;。

と、いうことで色々調べた結果、 KDE4 利用時に xfce4-terminal を起動しても無事にアイコンのみを表示できるようになりました。

xfce4-terminal_2

xfce4-terminal と xfce4-appearance-settings を同時に起動しました。

 
xfce4 は設定情報を全て管理していて、 xfce4 のアプリが起動したときに保存してある設定情報をアプリに渡すためのデーモンが存在しているようです。 KDE4 から xfce4-terminal を起動した場合、そのデーモンが起動していないために設定情報を xfce4-terminal に渡すことができなくて xfce4-terminal は default の設定で起動するんですね。

なるほど。では xfce4 の設定情報を渡すためデーモンを KDE4 利用時に起動して上げれば良いんだ。と、いうことになります。ちなみにそのデーモンは xfsettingsd というプログラムで sysutils/xfce4-settings に含まれています。

KDE4 でログイン後に xfsettingsd を起動してあげると xfce4 の各種設定が利用できるようになります。

まぁ、余計だとか CPU の無駄遣いとかイロイロあるとは思うのですが、最近はマシンパワーも余っていることですし、見てくれやツールバーの機能も重要なので今回はこれでヨシとしましょう。

あ。ツールバーが表示されたんだけど、「新規タブ」と「新規窓」のアイコンが表示されません。追加で x11-themes/icons-tango などをインストールしてあげてください。

これであなた好みのツールバーアイコンが利用できるようになるとか思われます。

ちなみに僕は非力なマシンとか仮想環境で X が必要なマシンでは KDE4 ではなく xfce4 を利用しています。機能的にも十分だし軽量なので重宝しております;-)。

 
さてさて。これだけではなんなんで、一個パッチを公開します。

xfce4-terminal ってのはショートカットとかキーバインドなどはソースにハードコーディングしているので変更できないんですね。
一番困ったのがタブの移動で default では Ctrl+Page_Up とか Ctrl+Page_Down なので不便でしょーがない。僕はタブの移動は Shift+Left もしくは Shift+Right にしているので、その部分を変更するパッチになります。

http://icmpv6.org/Prog/FreeBSD_ports/patch-terminal-terminal-window.c

自分のキーバインドにしたい場合には terminal/terminal-window.c の 210 行辺りを変更すれば良いと思います。
上記パッチは files/ の中にほーりこんで make すれば大丈夫なようにしています。

 
と、いうことで今回は xfce4-terminal について書いてみました。皆さんも機会があったら試してみてくださいー;-)。

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)