10月 042021
 

今までは MVNO の IIJmio を契約していて、スマートウオッチが 990yen で売っていたので購入しようとしたら、免許証の写真をアプロードしろだのと、スマートウオッチ買うために、スマートフォン購入時と同じ手続きをしなければならない。
サポートに電話して確認しようとしたら 0570 の電話番号だし、最近 IIJmio のアプリポロボロだし IIJ なのにウェブページにアクセスしようとしてもクラウドに AutoScale とかしようとしないのか、全然見ることできないし・・。
ホトホト嫌気がさして、サクっと解約。ついこの間「IIJmio ギガプラン」の 4GB 版に更新したばっかりだけど、約二ヶ月で解約。

 
と、いうことで三台あるスマートフォン (Apple iPhoneOPPO Reno ASONY Xperia 10II (XQ-AU52)) うち、IIJmio で利用していたのは Xperia だったので、そこに楽天モバイル並の料金で運用できると思われる povo 2.0 を導入してみることにしました。
ちなみに楽天モバイルの SIM は Reno A に入っています。iPhone8 には Y-monile が入っています。

で、今回は物理 SIM なので、届いたのはこんな感じ。

CD みたいな梱包でした。

 
さてと。結論からいいますと Xperia 10II の海外版である XQ-AU52 では、au の SIM である povo は、通話ができませんでした。データ転送は特に問題なく利用できます。

通話のほうについては、箇条書きで。

  • Xperia 10II の海外版である XQ-AU52 は日本国内の VoLTE に対応していません。
  • au は 3G の場合は WCDMA なので XQ-AU52 では 3G に接続できません。
  • 国内向け VoLTE に対応していないスマートフォンは、フツーであれば、通話は 3G で行います。が、XQ-AU52 は WCDMA に接続できません。

 
と、いうことでデータ通信はできますが、通話はできません。Android の「デバイス情報」で確認しても SIM が入っている スロット 1 では電話番号が “不明” となっています。

まぁ、XQ-AU52 での通話に関してはあきらめましょうかねぇ。 VoLTE に対応していない端末で au の SIM を利用しようとした (つまりは何も予備知識・事前の調査などをしていなかった・・。orz) 当人がダメだった。と、いうことでしょうなぁ・・。

ちなみに iPhone8 と RenoA では問題無く通話もデータ通信も行うことができました。

 
なお、データ通信についてですが、特に問題なくできました。
APN は簡単なので手で打っても問題ないですし「ネットワークとインターネット」のメニューから「インターネット設定」をタップすると APN の情報をダウンロードして来てくれるので povo の設定をそのまま利用することができます。

「優先ネットワークの種類」は Android の隠しコマンド *#*#4636#*#* で LTE Only も選択可能ですが、その辺りについては、特に意識する必用もなく LTE/WCDMA/GSM でも大丈夫でした。

 
と、いうことで、早速 データ追加 1GB (7 日間) を 390yen で購入してみましたが、検証段階で、あっという間に終わってしまいましたf(^^;;。

では、トッピングを購入していない povo ではどれくらい利用できるのか?僕の思った感覚ですが、

  • 通話の受信は大丈夫。SMS の受信も大丈夫 (XQ-AU52 以外の端末で)。
  • データ通信時、トッピングがない場合、povo 2.0 のアプリを起動してトッピングを購入する程度の通信はできる。常用するには無理がある・・。
  • XQ-AU52 は au のメインチャンネルである Band18 が利用できないので、そもそも au の SIM には根本的に向かない端末である。

こんな雰囲気でしょうかねぇ・・。トッピング購入せずに利用する。と、いうのは携帯電話の受電と SMS の受信のみが効果的でしょうかねぇ・・。

 
さてと。僕の場合、 XQ-AU52 で au の SIM が利用できない。と、いうことが解ったので、このまま、トッピングは購入せず 180 日後に自動解約・・。と、いう運命をたどりそうな感じなのであります・・。

9月 062020
 

いやぁ。今までハイレゾプレーヤーとして使っていた SONY Xperia Z5 Compact はバッテリー膨張で、裏ブタが剥がれてしまったので、どうするか悩んだのですが、結局 SONY Xperia 10 II XQ-AU52 を購入してしまいました。

Xperia は二台目です。 『だから私は Xperia。』あ。もうこのフレーズ、古いのか・・f(^^;;。

当初 Xperia 8 Lite にするか Xperia 10 II にするか悩んだのですが、CPU の違いと Android OS のバージョンの違いから、結局 Xperia 10 II にしました。

比較してみると

・Xperia 8 Lite
CPU: Snapdragon630
OS: Android9
価格: 26,800yen (税別・IIJmio での価格)

・Xperia 10 II
CPU: Snapdragon655
OS: Android10
価格: 36,000yen (税込み)

 
OS のバージョンの違いがけっこう大きいかな。長く使おうとすると Xperia 10 II になりそうです。あと、色々ベンチマークサイトなどを調べてみると CPU 速度に雲泥の差があるみたい。

 
今回は amazon で購入しました。型番は XQ-AU52 です。消費税・関税込みで 36,000yen でした。購入から手元に届くまでは大体 5 日程度だったでしょうか。

XQ-AU52 は SO-41A と比べると

・おサイフケータイなし
・ストレージは 128GB で SO-41A の倍の容量

この辺りが大きなな違いですかね。

amazon の購入時、サイトの説明には「開封し、動作確認したあとで発送します。」と書かれていたのですが、箱の表面を覆うナイロンシートは切られていないし、箱から出した本体も綺麗だったので、特に開封された形跡はありませんでした。つまり、本当に新品が届いた。と、いうことですね;-)。

それにしても『箱がベコベコでちゃちぃ。』と、ウェブ上のあちこちで書かれていますが、まさしくそんな感じf(^^;;。

 
では、Android 機種三台のスマートフォンを並べた写真を掲載してみましょう。

左から OPPO Reno A・SONY Xperia10 II・SONY Xperia Z5 Compact の順。
大きさ的に Xperia10 II は OPPO Reno A の横幅を約 1.5cm ほど細くし、 Xperia Z5 Compact の横幅が 7mm 、上に 3cm ほど大きくしたサイズですかね。細さは特筆すべき点だと思います。

 
それでは SONY Xperia 10 II XQ-AU52 の簡単なレビューを。

まずはじめにですが、今回購入した Xperia 10 II は SIM カードを入れることは想定していません。あくまでハイレゾプレーヤーとして購入しました。なので、 MVNO や Rakuten Mobile での電波の入りについては一切なしです。

OS は Android10 です。 Xperia 8 Lite の購入をやめたのはその点が大な要因となっている一つでもあります。

 
o. Android10 とからめた SONY 謹製アプリは?
Xperia Z5 Compact の頃の状態と比べて SONY 謹製アブリが少なくなっていますね。

SONY 謹製の アルバムアプリ が google の フォトアプリ に置き換わっています。これは結構痛い。 SONY 謹製のアルバムアプリ好きだったのに・・。
電卓アプリも google のに置き換わっています。メールアプリは Gmail に置き換わっています。
カレンダーアプリはそもそも google カレンダーだし。

google 謹製アプリは OPPO Reno A (ColorOS) と違い、無効化できるのが嬉しいですね。不要な google 謹製アプリはサクっと無効化し、代替のアプリをストアからインストールしました。基本的には OPPO Reno A と同じモノをインストールした。と、いう感じですね。

 
嬉しいのもありました。ファイルマネージャーが SONY 謹製になりました。今まではサードパーティー製の無償版 (File Commander) がインストールれさていて default で広告とか表示されていたので『ふざけるなっ!!』とか思っていた (当時の AndroidOS では謹製アプリでないと SD カードの操作が制限されていた) のですが、今回は広告なしのアプリになりました。

 
o. Xperia 10 II の機能が使えないっ!!
「縦に長いので画面分割して二つのアプリを同時表示しよう。」などと大々的にウリとしていますが、あたたたたた・・。 orz って感じ。

なんとっ!! ホームアブリを SONY 謹製以外のモノに変更すると使えなくなる。これではまるで意味ないしっ!!

僕は X Launcher Pro (有料版) というのを、最近の Android では利用しているのだけど Xperia 10 II では「お使いのホームアブリには対応していません。」と、表示され、画面分解できないっ!!

 
OPPO Reno A は下からの指三本スワイプでサクっと画面分割できているので、それと同じ雰囲気であろうと思っていたのだが・・。結構ショックでかい。
と、いうか『ColorOS って中々やるのね。』と OPPO の技術力の高さを再確認しました;-)。

もう一個、ホームアプリを変更すると使えなくなるモノがありました。一番下の三角・丸・四角のメニューを消して、下からスワイプで制御する機能があるんだけど、ホームアプリを変えてしまうと Xperia 10 II ではその設定ができない。これも ColorOS のほうが一歩先行ってます。
画面の横からニョキっと出てくる サイドセンスアプリ も ColorOS のほうが完成度は高いかな。

ただし、SONY 製、そして Xperia なので、 ColorOS とは違い、楽曲 DB で文字化けするとか、ショートカットが作成できない、はたまた設定のショートカット作成時に同じ項目が表示されてしまうなど、そーいったバグが無いのは安心感があります;-)。

 
と、いうことで、三つ並べてみました。

左から OPPO Reno A・Xperoa 10 II・iPhone8。

見た感じ、全て iOS 風です。あ。本物の iOS が一個まざっていますか;-)。
iOS 風にするとなると、やっぱり、一番下の三角・丸・四角のメニューはやっぱり消したいですねぇ。

 
そー言えば Xperia 10 II XQ-AU52 はおサイフケータイ非搭載ですが NFC は搭載しています。でもって、 google Pay アプリも default でインストールされています。おサイフケータイは使えないけど、バーコードなどでのお買い物などには対応していますよ。みたいな感じかな。 Reno A と google アカウントは一緒なので、データ連係はできています。

 
o.CPU速度は?
OPPO Reno A は Snapdragon 710 で、新しく出た OPPO Reno3 A は Snapdragon 665 になりました。いやはや。 Reno A を購入して良かったー。と、思います。
Xperia 8 Lite は Snapdragon 630 で、ちょっと前にでた Xperia Ace や AQUOS sense3 などと一緒です。ウェブ上の比較サイトで見ても Snapdragon 630 よりも 665 は良い感じです。

使用感ですが、速度の順番からみると iPhone8 > Reno A > Xperiia 10 II と、いう感じですが、イライラするほど遅くはないです。 Xperia Z5 Compact が遅すぎた。と、いう雰囲気でしょうか。

Xperia 10 II でポケモン GO をやってもそんなに遅いとは感じませんが、縦スクロール時にはカクカク感があるかな。まぁ、縦に長いスマートフォンなので、表示する情報が多くなると CPU 負荷 (VGA のチップか) が高くなるとこはあるのでしょうねぇ。

 
あと、熱くない。 Xperia Z5 Compact とか Z 世代の Xperia ってやたらと熱くなる。と、有名でしたし、確かに熱かったけど、今回購入した Xperia 10 II は熱くなるようなことも無くフツーに使えています。

 
と、いうことで、簡単ではありますがレビューを書いてみました。 OPPO Reno A を既に持っているので SIM カードを入れることは想定していません。 Rakuten Mobile はデータ無制限だしテザリングできるし、既に OPPO Reno A に入っているし。

まぁ、ハイレゾプレーヤー専用機として頑張ってもらいたいなぁ。と、思っています。ちなみにですが、 128GB の MicroSD カードの中のハイレゾ楽曲は全部で 425 曲ほど入っておりました。 音楽全体では約 9,000 曲ほど持ち歩いております:-)。

9月 052020
 

このブログの過去のエントリを確認してみると、そもそも Xperia Z5 Compact を購入したのは 2016 年 06 月のようです。と、いうことは 4 年ほど利用した。と、いうことになります。

Z5 Compact は結局 Android7.1 で OS のバージョンアップは停止してしまい、今となっては Snapdragon 810 もむちゃくちゃ遅く感じる CPU で『そろそろ引退かなぁ。』などと思っていたのであります。

まぁ、最近は専らハイレゾプレーヤーとして利用していた状態なのですけども。

 
そんな Xperia Z5 Comat ですが、いよいよ裏ブタがパカっと口を開けてしまいました。

こんな感じ。

これはもう、バッテリー膨張ですね。と、いうことはいよいよおしまいだ・・。

Xperia Z5 Compact はもともとうんと熱くなる機種なので、夏の暑さと本体の熱さでバッテリーの熱膨張が進んでしまい、今年の夏はガマンしきれずに裏ブタを押し上げたか? と、いう雰囲気が、僕はしているんですけども。

 
と、いうことで、そのまま裏ブタをベコっと引き剥がしてしまいました。雰囲気的にはノリでくっついている感満載だったのでベリベリベリ。と、いう雰囲気。

で、中を見るとこんな感じ。

バッテリの上にあるのは NFC のリボンですね。バッテリー本体を押すとバッテリー本体部分と上の黄色いビニールみたいなヤツの間に空気が入り込んでいるみたいな雰囲気。

裏ブタをギュッと押しても接着面がどこかしら浮いてしまう状態で、もう無理して使わないほうが良いかなぁ。

 
ちなみに、せっかく裏ブタが開いたので、この際バッテリーを交換したらどぉだぁ?! などと調べてみたら、なんとケースから本体を抜き出して、ひっくり返して取り外すという、それなりに手間がかかることが解りました。

バッテリーは 4,000yen 前後、作業工数 1 時間。そして Android7 で CPU はもう遅すぎる。このまま修理して使う意味あるのかな?と、思ったら、はい。しゅうりょうー。みたいな感じとなりました。

 
さてと。これでハイレゾプレーヤーがなくなってしまった。どうするかなぁ・・。

2月 162020
 

楽天モバイルが「無料サポータープログラム」の参加者募集したとき、すぐに応募したのだけど見事に落選。今回二次募集があり、一次募集で漏れた人が優先的に二次募集に参加できる。と、いうのでメールが届き、早速アクセスしてクーポンコードを入力したら、SIM カード発送準備ができて、 02/02 の午前中に届いた。うひひ。

僕は以前に OPPO Reno A を購入していたので、今回の適合機種であろうということで、 SIM カードのみを申し込んだ状態です。

届いたモノはこんな感じ。

でもって、早速 OPPO Reno A に Rakuten Mobile の SIM カードを入れてみると、特にバージョンアップや APN を設定することもなく、サクっと認識し、LTE での通信が可能な状態となりました。
僕の OPPO Reno A は楽天モバイルで購入したものではなく、フツーに購入した 64GB 版で、楽天モバイル専用の 128GB 版ではないのですが、同じ機種だからでしょうかね。サクっと苦労せずに動作しました。楽ちんでした;-)。

LTE の動作確認と、電話の動作確認を実施しましたが、特に問題はありませんでした。

 
と、いうことで楽天推奨のアプリを二つインストールしました。

o. 楽天 Link アプリ
こっちは、電話や SMS などがひとまとめになったアプリで、一個のアプリでコミュニケーションが取れるようになっています。まぁ、まとまっていると楽かな。メニューアイコンを何個も並べる必要はないのでね。

o. 楽天モバイルアプリ
こっちは、何ギガ使ったかとか、スピード計測・契約情報や楽天への連絡用などがひとまとめになったもので、検証結果や、回線の状況などを楽天モバイルに伝えることができます。これが、楽天モバイルへの品質改善のレポートになるんだろうと思うんですが。

ちなみに、楽天モバイルの Band3 をつかんでいるときにスピード計測した結果。一番速度が出ているのをキャプチャしてみました;-)。

 
実際に使ってみると、僕の住んでいる東京都の埼玉とくっつていている 23 区の一つ(それはつまりは足立区ということですね)では特に問題もなく利用できます。

会社のある品川区でも特に問題もなく利用できます。ただ、僕の職場は 12 階にあるので、多少影響を受けるのか、スピード計測すると自宅の約半分の速度しか出ないような感じです。

 
もう少し細かく書くと、楽天モバイルが持っている LTE は Band3 で、楽天モバイルのアンテナがないところでは au の回線にローミングされるとのことですが、使用している au の LTE は Band18 と 1 でした。
と、いうことは楽天モバイルで利用するスマートフォンは Band 1・3・18 が利用できるモノであれば事足りるような気がします。

今回 LTE バンドの確認のために利用したアプリは Network Cell Info Lite と、いうヤツです。

ちなみに自宅では Band3 で通信します。地下鉄は Band18 もしくは Band1 でローミング状態です。例えば日比谷線が三ノ輪駅の手前で地下に入りますが、その瞬間を見ていると Band3 から Band18 に切り替わります。つまりローミングが開始された瞬間ですね。

楽天モバイルアプリでスピード計測で確認すると、Band3 を掴んでいる北千住駅は 50Mbps 程度、三ノ輪駅の手前で au の Band18 に切り替わった直後は 140Mbps 出ました。おー。さすがは au の回線;-)。 あ。朝の 07:15 前後の時間帯です。

 
会社のほうはもっと面白くて、地下鉄南北線内では Band18 、地上に出ると Band3 、そして、ビルの中に入りエレベータに乗り、トビラが閉まった瞬間に Band18 になります。
職場は 12F にあり Band3 は届かないようで Band18 で過ごすことになります。

で、ちょうど Band3 から Band18 に切り替わる瞬間をキャプチャできました。エレベーターの扉が閉まる瞬間なので、再現性十分です。なので、何回でもトライできます;-)。

 
無料サービス開始時はけっこうボロクソ言われていたような気がしますが、僕がそうであるように、二次募集のメンバはそれなりに使えている人が多いのではないでしょうか。楽天モバイルは最近頑張ってアンテナ立てているのと、 au とのローミングがシームレスに行っているような気がします。

とわ言いつつ、都内での利用状況のみなので、ちょっと遠出をしたときにどうなるのか、それはそれで楽しみではあります;-)。

今回はファースト・インプレッションなのでここまで。

 
そーそー。「無料サポータープログラム」に参加している人はレポートを出さなければならないのですが、第一回目のメールが届きました。
これが、ウェブベースのアンケート形式で、結構時間が取られる。全部回答するのに大体 20 分くらいかかりました。
これで楽天ポイント 2,000と 100GB の『ギガ』が利用できるので、まぁ、ヨシとして置きますかねぇ。と、いうか、ちゃんとレポート上げて楽天モバイルの品質向上に貢献しないと;-)。

 
Softbank の初期の、回線状況がボロボロだった頃に僕は iPhone3G を利用していたのですが、状況的に似ているような気がします;-)。

立ち上げ時のドタバタに参加するのは非常に楽しいですね。僕は『二度目のキャリアの立ち上がりに参加している。』と思うとワクワクします;-)。

11月 242019
 

去年の暮れに UMIDIGI Z2 Updated Edition を購入しました。しかし、あまりにも遅くてうんざり・・。ポケモン GO とかナニゲに遅いし、あらゆる動作でもっさりしていて、ノッチが付いているスマートフォンが欲しくて購入したのに、ちょっと残念な状態で使っていました。

新しいのを物色していて Xperia Ace が小型で良さそうだと思ったけど、実際に持っている人の話を聞くと『Snapdragon 630 は速くないよ。』と、のことだったので、たとえおサイフケータイが付いていたとしても、悩みどころな状態だったのであります。

 
が、そんなところにすごい端末が出たようです。 OPPO Reno A 。スペック的には有機 LE ディスプレー・ Snapdragon 710 ・メモリ 6GB ・おサイフケータイ付き。

ウェブで色々調べていると非常に良いみたい。そして、販売しているサイトでは次から次へと売り切れになっているので、こらー悩んでいたら売り切れちゃうな。と、いうことで楽天の「ひかり TV ショッピング」で、購入しました。なんとっ!! 次の日には売り切れ。いやぁ。危なかった・・。

右側が今まで利用していた UMIDIGI Z2 Updated Edition 。左側が新しく購入した OPPO Reno A です。

どちらも、液晶保護フィルムとケースが default で付いていました。 UMIDIGI Z2 に付いていた保護フィルムはポケモン GO している間に指のササクレなどがある状態でモンスターボールを投げ続けるなどしていたら傷だらけになってしまったので、ちょっと弱い感じですね。 OPPO Reno A の保護フィルムは硬質な感じがします。ケースはソフトで透明なのが OPPO Reno A で、背面の色がキラキラ光って綺麗です。

ケースが default で付いているので、裏面に貼られているシールとか剥がさずにそのまま利用している状態ですねf(^^;;。 UMIDIGI Z2 などは今で裏面にシール貼ったままです。

それにしても OPPO Reno A の箱は随分と縦長だった。インパクトある箱です。

 
と、いうことで、届いて 10 日ほど経ったのでレビューしてみます。現在は、設定は全て完了していておサイフケータイまで利用可能な状態になっています。

 
o. ColerOS 6 (Android9) はつらい・・。
まず、やっぱり OS について書く必要があるかな。ハードウェア的には秀悦でもその上で動作している OS のアラが目に着く。あんまり深く踏み込んだレビュー記事が無いので書いてみます。

 
1. google アプリが無効にできない
Android9 の仕様なのか ColerOS の仕様なのかよく分かりませんが google のアプリが無効にできません。僕の場合、以下のアプリや、他の google 謹製アプリは不要なので、無効にしたいのであります。 UMIDIGI Z2 では無効にできたのにこの端末ではできません。

停止した google 謹製アプリは以下の通り。他にももっとあるけど・・。

しょーがないので、不要と思われる google 謹製、その他の無効化できないアプリは

  • アップデートは削除
  • 全ての通知は非表示
  • 全ての権限なし
  • モバイル・ WiFi 通信なし

にしました。

もうコテコテです。 ブラウザは Microsoft Edge を常用にして Vivaldi (Beta 版) をサブしています。

QUICPay アプリがいつでも Chrome を呼び出すのには辟易します。 default ブラウザは Microsoft Edge にしているのに Chrome が起動します。なんとかしてくれよー。 JCBぃーー。 って感じ・・。 orz

 
2. ウェブショートカットができない
Microsoft Edgi や Vivaldi (Beta 版) からウェブの URL のショートカットをトップページに作成しようとしてもできません・・。結構ダメージでかい。

 
3. 設定のウィジットからウェブショートカットができない
「設定」アプリの各項目をウィジェットとしてショートカットを作成しようとしても、メニューがボロボロで欲しい 設定ウィジェットが作れません。

こんな感じで表示されます。 なんで同じ項目が何個もあるんだろう? orz

ただ、上からスワイプしたときに表示される通知の欄の上の設定項目が充実しているので、そこで色々オン・オフできるので代用はできる道が残されています。

 
4. 各アプリの設定項目が少ない
カメラアプリは保存するサイズの変更ができません。 GPS ポイントはオンにするだけで、もちゃんと書き込んでくれます。ただ、アプリの権限を適切に与えてあげましょう。

UMIDIGI Z2 の標準カメラアプリは GPS を書き込んでくれなかったので常用していなくて、ハードウェア的にレンズ二個積んでいてもその恩恵は受けられなかったのですが、 OPPO Reno A のカメラは GPS ポイントをちゃんと書き込んでくれるし、撮れる写真は被写体深度も深い写真ができるので中々良い感じです。

ギャラリーアプリは写真のソート順序を変更できません。ただ google 謹製のやつではなく ColoerOS 自前で用意しているようなので UMIDIGI Z2 に比べて好感は持てます。
その他、 ColorOS 付属のアプリは非常にシンプルです。

 
5. 楽曲 DB が文字化け
今まで UMIDIGI Z2 に入れていた ハイレゾ音源もたくさん入っている 128GB の MicroSD をそのまま OPPO Reno A に入れました。ミュージックアプリを起動するとスキャンが始まってデータベースを構築するようです。このとき、文字化けが起きてしまい、以下のような状況。
日本語ディレクトリは文字化けせず認識しているので、ただ単に DB 構築時のスキャンプログラムに不備があるのでしょうなぁ。 nkf -u とかすれば良いのに;-P。

 
6. テザリングオッケー
ここから先は良い点を何個か;-)。
UMIDIGI Z2 というか、中華スマホ系はテザリング時に Wi-Fi の 14ch で待ち受けるため、最近の日本国内では Wi-Fi 子機は 1 〜 13ch での接続が主流だったので、子機が接続できない事象があちこちで発生していたのですが、この OPPO Reno A はそんなことはなく、ちゃんとデザリングがでて、トヨタのカーナビも無事に接続できました。

ただ、UMIDIGI Z2 は 2.4GHz 帯と 5GHz 帯が選択できのですが OPPO Reno A はそのメニューがないので 2.4GHz 帯でのみのテザリングになります。

 
7. 開発者向けオプションが無い
Androd 純正ではないので、開発者向けオプションがないのは当たり前かな?

何が言いたいのか? と、言えば Bluetooth 機器のボリューム調整が楽なのであります。素の Android の場合 Bluetooth 機器のボタンを押してもボリュームの微調整ができない(でかくなりすぎたり、小さくなりすぎたりで、その中間がない)ので、開発者向けオプションのメニューで「絶対音量を無効にする」をオンにする必要があったんだけど ColorOS は、それが必要なく Bluetooth 機器のボリュームボタンが割と素直なボリューム調整を行ってくれます。

 
OS 的にはこんな感じでしょうかね。ただ、慣れれば ColorOS も特に気にならないような気がしないこともないでしょぅか。
誰かが書いていましたが iOS に似ている部分がそこはかとなくあります。ボリューム調整ボタンを押したときだったり、タスクをぶっ飛ばすときに上にスワイプするとか。

ColorOS 独自の機能も充実していて、指三本で上から下にスワイプすると画面キャプチャできたりとか、指三本で下から上にスワイプすると画面分割してくれるとか、画面右に怪しげなメニューが隠れているとか、面白い機能が潜んでいます。ただ、それを知るにはウェブで ColorOS について色々検索して調べるのが良いですね。その点も iOS みたいだぁ;-)。

そして、使い込んでいくと、やはり OS よりも本体のスペックの高さが先に目立つようになります。ディスプレーは非常に綺麗なので、いつも見ていたくなります。
指紋認証も OK 。顔認証は老眼鏡をかけていても認識してくれるときがあるので嬉しいです。

 
OS のバージョンアップの頻度はどれくらいで行われるのかは未定ですが、ハードウェアのスペック的には 2,3 年使える雰囲気なので、 UMIDIGI Z2 よりは長く使える端末であることには間違いないような気がします;=)。

今回はなんか、良い買い物をしたような気がします。考えてみると、僕はあまり Android 端末には恵まれていなかったのかな? まぁ、 iPhone3 からずっと持っていて Android にはあまりお金をかけてこなかった。と、いうのもあるんですが、今回購入した OPPO Reno A は僕の Android OS 人生の中でもかなりのヒットだと思われます。

売り切れ続出なのも解ります。売り切れる前に購入しておいて良かったぁ;-)。

12月 282018
 

ノッチのあるスマートフォンというのはどんな感じだ? などと思い、 Apple の iPhone は高くて手が出ないので、中国産の Android スマートフォンを購入しました。今回チョイスしたのは UMIDIGI というブランドの Z2 Updated Edition というモデルです。

色々調べてみると UMIDIGI Z2 というのは初代・スペシャル・アップデートと三種類あるらしいですが、僕が購入したのはタイトルにもある通り UMIDIGI Z2 Updated Edition です。

この端末、技適を通していないので、日本国外で使うのはちと無理です。正月に海外で過ごすときなど、成田空港の外側で利用するよあにしましょう。

 
スペックや、使用感などは既に他のブログなどあちこちで掲載されているのでここでは一切書きません。触ってみて、僕が『ん?』と思った部分のみ掲載してみます。

 
最初に断っておきますが、僕は google がキライです。なので、初期にインストールされている google 謹製のアプリはほとんど無効にしています。

カレンダー・ドライブ・GMail・Chrome・フォト・Play music/Movie などは google 謹製を利用していません。

 
1.メーラソフト無い?
GMail を無効にするとメーラアプリがなくなるんですね。 SONY Xperia Z5 Compact を購入したときは別にメーラアプリがあったので安心していたのですが・・。
しょーがないので、 TypeApp というメーラをインストールしました。

他にカレンダーも無くなったので OneCarender というのをインストールしました。このカレンダーアプリは CalDAV に対応しているので自宅に構築した DAViCal サーバのカレンダー情報を読み込むことができます。どちらも広告無しの秀悦なアプリです;-)。

 
2.カメラは GPS ポイントを書き込んでくれない
このスマートフォンで撮った写真は、特定のアプリでは地図上に写真を配置してくれる。それはつまりは EXIf に現在地情報を書き込んでくれるのですが、これを macOS の『写真』アプリに持っていくと位置情報無し。と、いうことになります。

と、いうことで純正のカメラアプリも無効化します。そして、google フォトも無効化しているので、それぞれに対応したアプリを探します。

カメラアプリは OpenCamera をインストールしました。こいつはしっかりと GPS ポイントを Exif に書き込んでくれます。また、このスマートフォンのカメラの機能も一応引き継いでくれているような気がします。まだ、被写体深度の深い写真はあまり撮ってないんですけどね。

写真管理のアプリはギャラリーをインストールしました。別に google に写真はバックアップしないので、これで全然問題はありません。逆に google に写真預けたくない;-)。

 
3. CPU 遅いよ・・
このスマートフォンは Helio P23 という CPU を利用していますが、こいつが遅い・・。orz
今まで利用していた SONY Xperia Z2 compact よりも遅いと感じるので実質的に、僕個人的なスマートフォン環境としてはデグレードしている感満載です・・。orz

ポケモン GO の起動も遅いし、フツーのタイミングで待たされることがある感じです。
アプリを終了してランチャーに戻るとき、重いランチャーだと、アプリアイコンが表示するまでに 3 秒くらい待たされる場合があったり、結構うんざりします。ランチャーアプリは軽いのをインストールするのがおすすめです・・。

素直に UMIDIGI F1 待ったほうが良かったかなぁ。などと思ったりもしていますが・・。

 
4. テザリングしくしく
やはりテザリングはボトルネックですねぇ。僕はトヨタのカローラフィールダーに乗っているのですが、カーナビはトヨタ純正でテザリングすると Android アプリの MyTOYOTA for T-Connect と同期してくれて走行距離とか取ってきてくれたり T-Connect カーナビアプリは『G メモリ』に登録した行き先情報をカーナビからアクセスできたりと、連携してくれるのですが・・。

カーナビが要求してくる Wi-Fi AP の仕様は 2.4GHz の 1-13ch なのにこの UMIDIGI Z2 は基本的に 2.4GHz の場合 14ch で待ち受けます。なので、カーナビはデザリングできないんですね。

この写真はカーナビ側のアクセスポイントの詳細情報を表示しています。チャンネルが 14 なので、接続できない。見えるんだけど、パスワードを何回も聞いてくる状態なんですね。あれま・・。

 
しかし、時々は接続できる場合があるので、その場合 UMIDIGI Z2 側は 10ch になっていたりするので、テザリング時に 14ch 固定ということは無さそうです。

例えば USB のバスパワーで動作する Wi-Fi AP を 13ch に設定して車の中で電波を出したあとに UMIDIGI Z2 のテザリングをオンにすると、14ch に近い 13ch が使われていると認識して、もっと下のチャンネルを利用するタイミングがあります。

もっと言うと、駐車場の周りにある建物の Wi-Fi AP が外へ漏れている場合、その影響を受けて 14ch ではないチャンネルでテザリング待ち受けする場合があるのでトライしてみるのも良いかもしれないです。

 
ちなみに僕は USB バスパワーで 2.4GHz 帯でチャンネルを任意のチャンネルに指定できる Wi-Fi AP として WRH-583GN2-S を利用しています。

 
とまぁ、つらつらと書いてみましたが、機能的には DSDV 使えたり(まだ使ってないけど)、こまめに OS のバージョンアップ(バグ修正)してくれたりするので良い感じかな? とは思ってますが、今は Andorid8.1 で、多分 Android9 にはならないと思います。 Android9 が欲しいなら新しいの買ってね。安いんだし。って雰囲気出ています;-)。

 
なお、上にも書いていますが、ベンダはこまめにバグフィックスしてくれているようで、過去にリリースされた OS イメージは以下のサイトでダウンロード可能になっています。その点はありがたいですね。

https://community.umidigi.com/forum.php?mod=forumdisplay&fid=202

もう少し使い込んでみて、あまりに遅いようだと次のを購入するか、と、いう感じですが、 au の ガラホ SIM で DSDV を試してみたい。と、いうのはちょっと思いますねぇ。

 
この話、続きのエントリが書かれることがあるかな?

1月 122018
 

ちょっと前のエントリで「iPhone8 買ったぁ。Qi 充電 Ready.」なエントリを書いているのですが、一回 Qi 充電に慣れてしまうと中々手放せない。と、いうことで、奥さんに譲った iPhone6 と、僕がハイレゾを聞くために持っている Xperia Z5 Compact を Qi 充電対応にしました。

ここでは Xperia Z5 Compact を Qi 充電対応にしたときのお話をちょっと書きます。

まずは本体の写真。 Android は一足先に Qi 充電に対応しているのでサードパーティのパーツもあり、比較的簡単に対応可能でした。
Xperia Z5 Compact に Qi 充電パットを MicroUSB 経由で接続し、ちょっと柔らかめのカバーを付けたら対応完了。あとは iPhone8 を充電している Qi 充電器の上に乗せれば OK。

ただし、ここで問題が発生。僕の場合 macOS と Xperia Z5 Compact を USB で接続してハイレゾ楽曲などを転送しているのですが、その作業が発生する場合、ケースを外して、Qi 充電パッドを外して、MicroUSB ケーブルを接続する。と、いう手間がかかり、そんなんやってらんねー。状態で悩むのであります。

iPhone6 の場合も同様ですが、iOS の場合は Wi-Fi 同期ができるので USB ケーブル必須ではないんですね。では Android7.1 て Wi-Fi 同期の機能があるんかいな?と思い調べてみるとどうやら、以前の Andoid のバージョンにはあったようですが、最近のバージョンではこの機能が削除されたようです。あらら。

 
で、更に調べ進んだんですが、 Xperia Z5 Compact に標準で搭載されているファイルマネージャーである File Commander というアプリが HTTP で本体及び SD カード内のファイルの操作が可能だというので早速試してみました。

標準でインストールされている File Commander は広告が表示されるのであまり使いたくはないのですが、標準で搭載されているファイルマネージャだけあって SD カードにもアクセスできるので中々捨てがたいのであります・・。

 
準備としては、まず Xperia Z5 Compact で Wi-Fi をオンにして、自宅の Wi-Fi に接続します。そして File Commander を起動します。表示されるメニューの中に [PCファイル転送]というのがあるのでこれをタップし、下のほうにある[サービスを開始する]ボタンを押すと URL が表示されます。

あとは楽曲データをドドドと持っている PC からブラウザでアクセスすると Xperia Z5 Compact の本体と SD カードの両方にアクセスできるようになります。

ブラウザから、僕の場合は楽曲を DnD でアップロードしています。機能的には

  • ファイルのアップロード
  • ファイルの削除
  • ファイルの名前変更
  • フォルダの作成・削除

などが行え、十分に利用価値が高いです。ただ、一点できないのはフォルダごとのアップロードですかね。まず最初にフォルダを作成してから、そのフォルダ内に移動し、手元のフォルダ内の全てのファイルをアップロード。って動作になります。ネストが深いフォルダの場合は大変だぁ・・。

しかし、標準でインストールされているアプリで、アプリを追加でインストールする必要がなく、そして SD カードにまでアクセスできる。と、いうのは非常に嬉しいことです。

こちらのキャプチャは iPhone8 からアクセスした図。使い方がイマイチ解らないので Mac や PC のブラウザからアクセスしたほうが良いです。

 
充電環境を Qi に移行したので自宅や職場での充電は非常に楽になりました。そして、データの移動もこうして簡単に行うことができて嬉しいかぎりです。

しかし、ただ一点。移動中はモバイルバッテリーを持ち歩いてイザというときに充電しているのですが、このイザというときのために Qi 充電器も持ち歩く必要が出てきたのはちょっと困りモノ・・。

12月 102017
 

何個目の Bluetooth イヤホンになるであろうか? 普段は Xperia Z5 Compact ではハイレゾ楽曲を聴いているのだけどケーブルがやはりジャマでどうしようか悩む機会が多いのだけど、音質には変えられない。

と、いうことだったのだが、どうせなら左右分離型で完全ケーブルレスな Bluetooth イヤホンを購入してみました。

AirPod と一緒で左右分離型、磁石でケースにカチっと入り充電が可能なタイプです。

僕は、曲飛ばし・戻り・ボリューム調整などのリモコン機能が必須だと思っているので、その中で探すとこれが一番安かったかな。

・右耳二回タップで曲飛ばし
・右耳三回タップで曲戻り
・左側二回タップでボリューム大
・左側二回タップでボリューム小

右耳のほうが多くタップするのでバッテリーも右耳が先に終わるかな?

『タップ』というのはボタンを押す。と、いう感じではなく、トントンと叩くような感じですね。最初、この動作になれません。あと、誤タップも多くでちょっと困る・・。

耳へのフィット感は悪くはないです。耳に付けていて落ちる。ということは無いです。重さも大きさも気にはなりません。

ただ、音が切れる。両耳が動じに切れるなら諦めもツクけど、片耳のみとか音が切れるので非常に悲しい。信号機のある交差点に行くと両耳から音が出なくなる。カバンを網棚の上に置いて電車に乗っていると、体の向きを 15 度くらい変えると片耳聞こえない。とかそんな感じでした。

 
が、しかし、そんな X3T Bluetooth イヤホンですが、忘年会の帰り、ちょっとほろ酔い。秋葉原の駅で『音楽でも聴いて帰ろう。』と思い、ケースから取り出したら手が滑って、コロコロと線路の向こう側に右側が転がっていってしまいました・・。orz

利用したのは大体二週間程度でしょうか・・。比較的あっと言う間に利用を継続することができない事態となってしまいました。

完全ケーブルレスな Bluetooth イヤホンを使っている皆さん。ケースから取り出すときが一番落としやすいです。くれぐれも取り扱いには注意してください・・。

 

11月 272017
 

以前のエントリで「R-SIM10+ を試してみました。」というのを書いていたのですが、僕が iPhone8 になって、奥さんは僕が今まで利用していた SoftBank の iPhone6 を DTI SIM で利用するようになり、無事に動作している。と、いうのは以前書きました。

そして、しばらく利用していたら圏外病になったので SIM カードを抜き差ししていたらクシャクシャになってしまい、動作しなくなってしまいました・・。 orz

しょーがないのでもう一枚買うか。と、か思い、以前購入した APN ショップを覗いてみたらバージョンアップ版が発売されているようだったので購入してみました。

届いたので早速 iPhone6 で試してみましたが、サクっと認識して、利用可能な状態です。

今度のヤツは ICCID 解除モードで動作する。と、いうことのようですが、僕には何が何やらイマイチわかっていませんf(^^;;。

 
話はちょっと変わるのですが、 iPhone8 もしくは iOS11 が出たとき、画面がスリープせずに煌々と光輝いている状態が続きバッテリーがあっと言う間になくなる。と、いう問題がありました。

僕の iPhone8 も見事にその状態になり、スリープの設定を一旦オフその後再設定で 30 秒にして事なきを得ていたのですが、なんとっ!! 古い iPhone6 でも同じ事象が発生しました。しかも、 iPhone6 の場合は上記の問題解決策を実施しても有効にはならなかったんですね。

なので、今回購入した新しい SIM ゲタを履いている iPhone6 では iOS11.1 だったのですが、ドドトンっ!! と、最新の iOS11.2.1 に上げることにしました。

上記のメーカのサイトでは『バージョンアップはあかんよ。』と書いてあるんですけどねf(^^;;。

果たして、バージョンアップ後も、今回購入した SIM ゲタは無事に動作してくれて、圏外病にもならずにサクサクと動作していてくれているのであります。

ふぅ。一安心;-)。

11月 232017
 

僕の持っている Xperia Z5 Compact は Android6 以上の端末なのにホームボタンを押しても『OK google』に対応していないくて『google 検索』のような画面 (あれ? Android4.4 の頃はなんと呼ばれていたっけ?)が表示されるだけで、おかしいなぁ。などと思っていたのですが、今使っている Android7 ではホームボタン長押しで起動できるアプリの設定画面があったのねぇ。

設定アプリから [アプリ] -> [右上のギアマーク] -> [アシストと音声入力] -> [アシストアプリ]

すると、上記のようなキャプチャ画面が表示されます。ここで一旦 [なし] をタップし、何も起動しない状態にしてから再度このキャプチャ画面を表示させて google を選択すると『OK google』で起動する「google アシスト」が動作するようになります。

古い設定を上書きする必要があるんですねぇ。『OK google』を有効にするために、随分とややこすぃ設定を行う必要があります。

 
さてと。iPhone8 では Siri が動き、Android では google アシストが動作するようになりました。

それにしても siri は iPhone8 というか iOS11 にしたら随分とバカになったような気がします。あと、『へい しり』に応えてくれないことが多々あったり、アドレス帳に入っている船宿に道案内してくれなくなったりと、そこはかとなく悲惨な状態です・・。orz

そこで登場した OK google ですが、今はこっちのほうが情報的には的確に動作してくれるかなぁ。

 
最後にお約束の二つのキャプチャデータを;-)。

google アシスタントに hey siri と言ってみた図。

Siri に OK google と言ってみた図。

お互いが相手をそれぞれ認識している。と、いうのが面白い。でもって、ちゃんと両方が否定している。二人は仲が悪いのかな? ;-)。