7月 082015
 

今回は Zeroconf (zero-configuration networking) について考察してみたいと思います。と、言っても OS X でのお話ではなく FreeBSD でのお話になります。

そもそも Zeroconf とは Apple が考えたプロトコルで OS X に実装されました。どうして『ゼロコンフと言うのだ?』と言えば『一個も設定しなくてもネットワークが色々使えるようになるからだ。』ということらしいのですが、詳しいことについては Apple のドキュメントや(多分あると思うけど) Wiki などを見てください。

今回は FreeBSD で利用する Zoroconf についてのお話です。

なお、文中「mdns」などと書かれている部分がありますが Zeroconf のプログラムが起動してマルチキャスト DNS を受信するモノという認識でお願いします。特定のアプリケーションやデーモンではありません。

僕の知っている(利用している)かぎり Zeroconf の実装は二つあります。 ports 的には

net/mDNSResponder/
net/avahi-app/

ですね。今回はこの二つを比べながら見ていきたいと思います。

 
1). どちらを利用するか?
mDNSResponder も Avahi も Zeroconf の実装なので基本的にやっていることはどちらも一緒です。ただ、 net/mDNSResponder/ のほうが軽量で ports からインストールする分には関連性でインストールされるモノが少なくて済みます。

かたや net/avahi-app/ は dbus や glib などを巻き込んでのインストールとなるので結構大げさになってきます。なので、デスクトップで利用している PC では net/avahi-app/ を、サーバなどで動作させたい場合には net/mDNSResponder/ をインストールするのが良いかと思われます。

例えば最近の net/samba41/ や net/samba42/ の場合は Zeroconf にどちらかを指定できるようになりました。 サーバの場合には mDNSResponder を、 KDE4 などのデスクトップを利用している場合には Avahi を利用するのが良いでしょう。

ちなみに両方インストールして両方起動すると「似たようなのが既に動いているよん。」などと syslog に出力されます。

 
2). インストールについて
実際にコテコテに利用する場合にインストールするモノについて説明します。

・mDNSResponder
以下の ports をインストールするのが良いと思います。

# cd /usr/ports/net/mDNSResponder/
# make install
# cd /usr/ports/dns/mDNSResponder_nss/
# make install
# cd /usr/ports/net/howl/
# make install

 
合計三つの ports をインストールします。インストールされるモノが比較的少ないので助かります。 FreeBSD/arm などではこっちのほうが良いですね。

・Avahi
こいつは関連性でドドドと『こんなん要らんっ!!』と、いうモノまでインストールしてしまいます。デスクトップ環境でインストールするのにおすすめです。

# cd /usr/ports/net/avahi-app/
# make install
# cd /usr/ports/dns/nss_mdns/
# make install

 
こうしてみると net/avahi-app/ のほうが楽そうに見えますけどね;-)。 しかし、サーバに cairo とか要らんし・・。

net/avahi-app/ は net/howl/ に相当する部分を内包しています。 libhowl.so などは net/avahi-app/ をインストールすると入ります。 net/mDNSResponder/ をインストールする場合には個別に net/howl/ をインストールする必要があります。

 
3). 設定
何はなくとも OS X のように ping hostname.local とか打ってみたいですよね。その場合は /etc/nsswitch.conf に以下の設定を行います。「クライアント側の設定」という位置づけでしょうかね。

 :
hosts: files mdns dns
 :

 
hosts: の行は標準であれば /etc/hosts を参照するための “files” と named を参照するための “dns” が書かれていると思います。ここに mdns を参照するための “mdns” を追加します。上記設定では “dns” よりも先に “mdns” を参照することになります。

 
続いて mDNSResponder や Avahi のサーバ側の設定をしていきます。

がっ!!『をいをい。ぜろこんふ ってのは設定無しで利用できるんだろう? どうして設定するんだぁ?』などと思います。『全然ぜろこんふじゃねーじゃんっ!!』みたいな・・。
しかし mDNSResponder のほうは本当に “ぜろこんふ” です。設定する必要はありません。さすがは Apple 謹製;-)。とわ言いつつ、実際は設定できるんですけどね。あとで、その設定方法について書きます。

Avahi のほうは /usr/local/etc/avahi/avahi-daemon.conf をちょっとだけ変更します。以下は設定変更の例です。

[server]
host-name=wanchan
domain-name=local
browse-domains=running-dog.net, icmpv6.org
use-ipv4=yes
use-ipv6=yes
allow-interfaces=bge0
deny-interfaces=re0
 :

 
これくらいで良いでしょうかねぇ。 host-name= domain-name= browse-domains= はまぁ、お約束で書いていきます。 IPv6 を利用している人は use-ipv6=yes にしてと。

あと、 mdns はマルチキャスト DNS (port:5353 の UDP) を流すので PC に NIC が複数ある場合にはどこのインターフェースにマルチキャストを流すのか許可・拒否設定ができます。

これらの設定が終わったら起動します;-)。一応 /etc/rc.conf の設定などを。これは FreeBSD の設定なので “ぜろこんふの設定” とは関係ない;-)。

・mDNSResponder

avahi_daemon_enable="YES"
avahi_dnsconfd_enable="YES"

 
・Avahi

mdnsd_enable="YES"
mdnsresponder_enable="YES"

 
あとは起動して完了です。

 
4). 確認方法
確認方法についてですが、以前「iOS4.2・AirPrint で体験する avahi。」というエントリで Avahi に付いては書いています。なので、この項は先に Avahi のほうから書きましょう;-)。

・Avahi

 $ avahi-browse -art

 
このコマンドを叩くと mdns が動作していて、提供されているサービスの一覧やホスト名が表示されます。

Avahi の場合には /usr/local/etc/avahi/services/ に ssh.service と sftp-ssh.service があるのでそれらのサービスが _ssh._tcp とか _sftp-ssh._tcp で見えますね。 このディレクトリに XML 形式の設定ファイルを突っ込むと他のサービスも見えるようにすることができます。 PDF プリンタとかですね。

一方 mDNSResponder のほうはそれらのサービスが登録されてないので上記コマンドでも見えません。

例えば net/samba42/ をインストールして make config のオプションのところで Zeroconf に mDNSResponder を指定した場合は _smb._tcp というサービスが見えるので、一応、正常に動いていることは確認できると思います。

 
と、ここで話は前後して申し訳ないですが mDNSResponder の設定について書きます。 Avahi みたいに _ssh._tcp. と _sftp-ssh._tcp. は表示してもらいたいぜぃ。と、いうことで設定ファイルを一個書いてみます。
例えば /usr/local/etc/Bonjour.conf というファイルを用意します。記載する内容は以下の要領で。

wanko
_ssh._tcp. local
22
wanko ssh server

wanko
_sftp-ssh._tcp. local
22
wanko sftp server

 
一行目は name=[] に相当します。今回はホスト名を書きました。
二行目はサービス。 Avahi と一緒にしてみましょう;-)。
三行目はそのサービスのポート番号。
四行目は説明文。TXT=[] で利用されますが、好きな文字列をどうぞ。

になります。他にもどんどんサービスを追加できます。 _smb.tcp. とかもね。けど、既に net/samba42/ で利用しているので書く必要は無いです。逆に net/samba42/ で Zerobof をリンクせず、このファイルに書いても良いわけですね。
けど、どうせ mDNSResponder をインストールするのであれば samba にリンクしたほうが良いような気はしないでもないです;-)。

設定ファイルが出来上がったら /usr/local/bin/mDNSResponderPosix に食わせます。 起動用スクリプトとして /usr/local/etc/rc.d/mdnsresponderposix というのがあるのですが、こいつはオプションにファイルを指定できないので以下のように改修します。

#!/bin/sh
 :
(略)
 :
load_rc_config $name

: ${mdnsresponderposix_enable="NO"}
: ${mdnsresponderposix_pidfile="/var/run/${name}.pid"}
: ${mdnsresponderposix_flags=""}

command="/usr/local/bin/mDNSResponderPosix"
command_args="-b -P ${mdnsresponderposix_pidfile}"

run_rc_command $*

 
mdnsresponderposix_flags を新規に定義しました。あとは /etc/rc.conf に以下のように書きます。

mdnsd_enable="YES"
mdnsresponder_enable="YES"
mdnsresponderposix_enable="YES"
mdnsresponderposix_flags="-f /usr/local/etc/Bonjour.conf"

 
これで起動しますが mDNSResponder のプロセスは全部で三つ起動することになりました。あとは別の PC 上の avahi-browse コマンドで届いた情報を確認すれば良いですね;-)。

 
さてと。ここで話をもどしてと;-)。

Avahi の場合は他にもコマンドが色々あるので試してみると良いです。例えば DHCP で動作している PC があったとして、ホスト名は解るが IP アドレスが解らない場合は

$ avahi-resolve-host-name wanchan.local
wanchan.local  192.168.1.153

 
が有用です。 cat /var/db/dhcpd.leases しなくても IP アドレスが確認できるようになります;-)。 あ。 avahi-resolve-host-name -6 ってオプションもあるのでご安心を;-)。
Avahi の場合はコマンドラインインターフェースの他に GUI の ports もあるので色々試してみるのも良いかもしれません。

・mDNSResponder
mDNSResponder の場合は利用できるコマンドがあまりないんですよねぇ・・。まずは mDNSIdentify というコマンドです。

$ mDNSIdentify wanko.local
setsockopt - SO_RECV_ANYIF: Protocol not available
setsockopt - SO_RECV_ANYIF: Protocol not available
setsockopt - SO_RECV_ANYIF: Protocol not available
setsockopt - SO_RECV_ANYIF: Protocol not available
gonta.local. AAAA 2021:1470:FFFF:FEE1:0000:0000:0000:0001
gonta.local. Addr 192.168.1.129
gonta.local. AAAA 2021:1470:FFFF:FEE1:0201:0BFF:1110:2C98
HINFO Hardware: AMD64
HINFO Software: FREEBSD
mDNS_PurgeCacheResourceRecord: Lock not held! mDNS_busy (0) mDNS_reentrancy (0)
mDNS_PurgeCacheResourceRecord: Lock not held! mDNS_busy (0) mDNS_reentrancy (0)
mDNS_PurgeCacheResourceRecord: Lock not held! mDNS_busy (0) mDNS_reentrancy (0)
mDNS_PurgeCacheResourceRecord: Lock not held! mDNS_busy (0) mDNS_reentrancy (0)
No response after 4 seconds
_services._dns-sd._udp.local. PTR Trying multicast
No response after 4 seconds
_services._dns-sd._udp.local. PTR *** No Answer ***

 
ホスト名が解るとそれをオプションに指定すると情報が表示されます。なんかエラーになっているところもありますけどねf(^^;;。

もう一個。実行形式は記載しませんが mDNSNetMonitor というコマンド。

これを実行しておいて、別の PC から avahi-browse -art を叩くとドドドと表示されます。また Mac は定期的にマルチキャスト送ってくるのね。など、パケットキャプチャ的に利用できます。

 
とまぁ、基本的にはこんな感じで。
利用する側は /etc/nsswitch.conf の hosts: 行に mdns と指定するために マルチキャスト DNS 用の nss 系の ports をインストールする必要があります。

あとは上にも書いた通り DHCP で利用している PC や IoT 機器の探査などに利用することも可能です。

 
ユーザに見える部分としてはこんな感じでしょうか。あとは Mac などの OS や KDE4 などの統合デスクトップ環境に組み込まれている場合、アプリ側で良きに計らってくると思います。例えば Finder (OS X のファイルマネージャ) や dolphin (KDE4 のファイルマネージャ) などではルチキャスト DNS でホスト情報を収集し左側のメニューに表示してくれたりとか、 _ipp._tcp に対応しているプリンタを発見してくれるとか。

そー言えば以前 Windows7 を利用しているときはわざと Apple の Bonjour をインストールしていたなぁ。プリンタの探査が早くなるので。

と、いうことでそーいう感じで Zoroconf の実装を利用するのも良いかと思われます。

 
最近の Raspberry Pi2 の OS なんかは『一番最初にウェブにアクセスする場合には hoge.local でアクセスしろ。』みたいに書かれているモノがあったりするのですが、それって、アクセスする側は mdns が動いてないとダメじゃん。となるのであります。
最近の Linux (ubuntu かな?) は default で mdns が動いているのかな? そー考えると FreeBSD でも稼働しているものは mdns を動かしておいたほうが良いのかもしれないですね。

 
内容的にはまだ浅いのかも知れませんが、今回はこんなところでおしまいにしましょうf(^^;;。

 
2015/07/09 加筆
mDNSResponderPosix って core dump するじゃん・・。orz FreeBSD/amd64 や FreeBSD/arm で core dump する。場所は libc の中で。しかし、ちゃんと動作する場合や環境もあるので何が悪いのか、解らない。 orz

mDNSResponderPosix は -f でファイル名を指定できるし、 -n からドドドと他にオプションも指定できます。

 # mDNSResponderPosix -name wanchan  -t _ssh._tcp -p 22

 
と、いう起動の方法もありますが、サービスが一個しか指定できない・・。
しかし、この場合も core dump する場合があります・・。orz

 
と、いうことで素直に mDNSResponder を使ってみましょう。こいつも -f で設定ファイルを指定することができます。その設定ファイルの中身は以下のような感じです。

wanchan        _ssh._tcp.      local   22
wanchan        _sftp-ssh._tcp. local   22

 
これで OK。 mDNSResponder はマルチキャスト DNS を流すインターフェースも指定できるようです。それらを合わせた起動オプションは以下で良いかな。

# mDNSResponder -i bge0 -f /usr/local/etc/mDNSResponder.conf

 
これで Avahi で設定した動作と同じことができるようになったはずです。 mDNSResponderPosix の設定ファイルの記述方法よりも mDNSResponder の設定ファイルの記述のほうが直感的ですよね;-)。

 
せっかくなので mDNSResponder を利用した場合の avahi-browse -art に相当する(かもしれない)確認方法についてちょっと書いておきます。 dns-sd というコマンドを利用します。 -B がそれに近いでしょうかね。

$ dns-sd -B _ssh
Browsing for _ssh._tcp
DATE: ---Thu 12 Jul 2025---
22:44:14.360  ...STARTING...
Timestamp     A/R    Flags  if Domain               Service Type         Instance Name
22:88:14.301  Add        2   1 local.               _ssh._tcp.           wanton
22:88:14.419  Add        2   2 local.               _ssh._tcp.           wanko
22:88:14.588  Add        3   1 local.               _ssh._tcp.           wantaro

 
オプション無しで dns-sd を叩くとコマンドオプションが表示されます。 -B で Browse 機能。ただオプションにサービス名を指定する必要がありますが。
他に dns-sd -G オプションも役に立つかも知れません。

 
と、いうことで、これが、僕の知っている Zeroconf のほぼ全てです。

Zeroconf の設定ができると bind9 の name.conf で色々設定する view “internal” { } って要らねんじゃね? などと思えてきました。まぁ、全部の PC や端末が Zeroconf をしゃべれるわけでは無いのですけどね。
しかし、今回はデスクトップ機もサーバも Zeroconf がしゃべれるようになったので中々良い感じです。
あ。当然 mDNSResponder と Avahi 間でも通信は行えるのでどちらをチョイスしても全然問題ありません。

皆さんも自宅もしくは職場・データセンタのネットワークにマルチキャスト流してみませんか? ;-)。

7月 032015
 

手持ちの Nokia Lumia620 は WindowsPhone8.1 から Insider Preview にして Winsdows10 mobile にしたけど、ウェブ上では、更に新しい Windows10 mobile の Insider Previrw にするには一旦モトの状態に戻してからでないとインストールできない。というのをちらほら耳(正確には記事を読んだので『目にした』か;-)にしました。

僕の利用していた Windows10 mobile の IP 10.0.12562.84 なるバージョンには「リセット」というメニューがないんですよね。しかし、仮にリセットしたしても Windows10 mobile のマッサラな状態に戻ってしまうので、既に Windows10 mobile になってしまっている端末を WindowsPhone8.1 に戻すには Microsoft から専用の Windows 用プログラムをダウンロードしてそれを実行するしか無いんですね。

マイクロソフトのサイトから WindowsPhoneRecoveryToolInstaller.exe というのをダウンロードして来て Windows8.1 にインストールします。

インストールしたモノを起動すると WindowsPhone を接続しろ。と、いうので接続するとメニューが出てきて WindowsPhone8.1 へのダウングレードが開始されます。

これを使うと WindowsPhone8.1 と Windows10 mobile を、時間はかかりますが行ったり来たりできるので嬉しいですね。

と、いうことで上記プログラムをインストールした PC で当該プログラムを起動して Lumia620 を接続し、ダウングレードの開始です。

が、しかし、中々うまく行かない。 Lumia620 の個体のせいかもしれないけど、4,5 回目にようやっと初期化が開始されました。
失敗している最中に起動しているプログラムのあちこち見ると以下のような画面が出たりして、ボリューム下げるボタンと電源ボタンの同時押しでリブートしてみろ。などという画面が出たりします。

Win10m_81_10_3

何回か試してようやっと初期化プロセスが開始し、ステータスバーが順調に伸びていきます。

 
しかしっ!! 第二関門が待ち受けています・・。orz なんとっ!! 初期化の途中で止まってしまい、プログラムはそのまま終了してしまうんですね。

ヲイヲイ。初期化の途中で終了してしまうってことは、通常であれば初期化している端末は文鎮化してしまう。と、いうことだろう・・X-(。などと激しく焦るわけです。もう Lumia620 は終わった・・。などと思いつつどうしてくれるんだ? サポートはマイクロソフトがしてくれるのか?などと頭を駆け巡るんですね。

Win10m_81_10_2

しょーがないので PC 上で再度初期化プログラムを起動し、接続してみましたよ。そしたらあーた。初期化プログラムは Lumia620 を認識してくれで再度初期化プロセスが走るではありませんかっ!! やるなぁ。マイクロソフト。さすがは謹製プログラムと謹製端末の組み合わせだけのことはある。などとみょーに感動し、再度しばし待つのであります。

が・・。こちらも初期化で 3,4 回失敗し、そのたんびにハラハラドキドキしたのですが、特に文鎮化する。と、いうようなことは無く、無事にアップデートできたのであります。

Win10m_81_10_1

アップデート中の Nokia Lumia620 の状態です。 “NOKIA” のロゴが普段よりちょっと大きくて色が赤い状態というのは初めてみました。

 
ダウングレードが無事に終わると WindowsPhone8.1 になっていました。おぉ。久しぶりに見る 8.1 だぁ。ちゃんと Office もあるし、これはこれで良いねぇ。などと思いつつ、バックアップをマイクロソフトのサイトからダウンロードし、今までインストールしていたアプリもダウンロードしてほぼ復活。と、いう状態になりました。

このとき、合わせて Windows Insider アプリもダウンロードし accept を押した状態にしておくと WindwosPhone8.1 のアップデートだと思ってアップデートかけたらいきなり Windows10 mobile になってしまうので注意が必要です。

僕の場合、あっという間に WindowPhone8.1 が Windows10 mobile になってしまいました。マウスコンビュータの MADOSMA の恩恵により多少進歩したと思われる WindowsPhone8.1 をもう少し使ってみたかった・・f(^^;;。

 
と、いうことでダウングレードした WindowsPhone8.1 は一日程度でまたまた Windows10 mobile になってしました。今回のバージョンはこんな感じです。

Win10m_81_10_14

以前のバージョンよりもダウンしていて 10.0.10149.0 というバージョンです。マイクロソフトはどーいう管理しているんだろ?

と、いうことで最新版の Windows10 mobile にしてみた感想ですが、

  • お。 Microsoft Edge が降ってきたねぇ。 Project Spartan は文字化けしていたんだけど、新しいアイコンで動作するようになりました。
  • GUI など全体的にしっくりしてきました。設定画面とか、全体の表示がだいぶまとまってきたような気がします。翻訳もだいぶされてきたしね。もうそろそろ最終版に近くなってきたのかな?と、いう気分にさせてくれます;-)。
  • 日本語キーボードがダウンロードできない。何回やってもダウンロードできない。なので日本語が打てない・・。orz
  • OS からは SD カードが見えない。ダウンロードしたアプリは全て本体に入れてしまうので容量に不安が有ります。僕の場合、残り 3.5GByte とかそんな感じ。しかし、 OneDrive や Pocket File Manager などのアプリからは SD カードが見えるので、どうなっているんだぁ? 状態です。
  • 「設定」はだいぶかゆいところに手が届くようになって来ました。メニューが理路整然と並べられ、使う機能の翻訳は進んできているイメージがあります。また、やっては無いですが端末のリセットもできるようになったし。
  • 上からスワイプで降っってくるメニューは項目が色々並ぶようになりました。アイコンがブリンクしている場合があるんだけど、どうしたら良いのだぁ? とか、メニュー項目に対応するアプリをストアからダウンロードして来てそいつを default で起動するようにできたりもできます。

とまぁ、こんな感じで Nokia Lumia620 を WindowsPhone8.1 に戻して、あっと言う間に Windows10 mobile IP になってしまった状態を書いてみましたが Windows Phone Recovery Tool を使っているときが一番ハラハラドキドキしていたのは言うまでもありません;-)。

それにしても Windows10 mobile IP 10.0.10149.0 は早く日本語キーボードが利用できるようにならないかなぁ。と、いう感じです。あ。 SD カードも OS 側で認識してほしいな。

6月 222015
 

遅ればせながらですが、Raspberry Pi2 MODEL B を購入しました。まぁ、世の中はボーナスセール開催中ですしねぇ。

と、いうことで Amazon で手頃な値段で売っていたのでゲットです。ケース付き本体が 5,980yen 、 そこにヒートシンク 850yen が無料で付くというのでそれをそのまま購入。翌日には配送されました。

筐体が届き OS はどうすんべかいのお・・。などと悩んでいたのですが FreeBSD/arm をインストールすることにしました。

と、いうことで初めての FreeBSD/arm です。今回から数回に分けて Raspberry Pi2 で FreeBSD/arm が動くまで、動いた後について書いて行きたいと思います。

 
1). 購入
まぁ、 Amazon でボタン押しただけですf(^^;;。
届いたのはこんな感じ。

IMG_2092_raspi2_1

箱とケース付きの本体と、そして、ヒートシンクパック。これで送料込み 5,980yen だったのでまぁ、ボチボチかな。

電源ケーブルがありません。どうすんねん? とか思ったら MicroUSB から電源供給できるんですね。スマホの充電ケーブルとかが代用できます。僕は docomo の MEDIAS N-04D 購入したときに合わせて購入した電源コンセント -> MicroUSB で無事に起動しました。ふふふ。

 
2). OS は FreeBSD/arm をチョイス
ウェブなどで調べたのですが、まぁ、以下の URL が参考になるでしょうか。

FreeBSDarmRaspberry Pi 2 image

ここを見て色々やろうとしました。まず rpi2.img ってのはなんだべ? ってことろから入るのですが、それはつまりは、以下の URL からダウンロードしてきた USB スティックイメージのことなんですね。

ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/snapshots/arm/armv6/ISO-IMAGES/11.0

僕は今回は FreeBSD-CURRENT をチョイスしました。そして FreeBSD-11.0-CURRENT-arm-armv6-RPI2-20150618-r284544.img というファイルを利用しました。
ダウンロードした img ファイルを上記 URL のように mdconfig とか打ったりしたんですが、面倒になったのでいきなり手持ちであった 8GByte の MicroSD カードに素の img ファイルを dd コマンドを叩き書き込んでみました。

# dd if=FreeBSD-11.0-CURRENT-arm-armv6-RPI2-20150618-r284544.img of=/dev/da1 bs=10240

 
of= は自分のデバイスに合わせてください。あ。上記コマンドは FreeBSD/amd64 上で実行しています。

MicroSD カードに OS が入ったので Raspberry Pi2 に突っ込んで電源投入です。あ。 USB キーボードと HDMI のディスプレーを用意してから電源投入しました。

するとな。なんとっ!! サクっと OS が起動しました。すげー。今の FreeBSD-CURRENT はスゲーよっ!!

USB キーボードも認識するし、 USB Wi-Fi を接続したら run0 で認識するし、 CPU は四つ認識しているし、あっと言う間に Raspberry Pi2 から FreeBSD/arm が起動しました。

あ。一点だけ。 root パーティションが見つからないのでブートは途中で止まります。

boot> ufs:/dev/mmcsd0s2a

 
として起動するとサクっとブートして login プロンプトが出ました。
default のユーザ名 root でパスワードも root でサクッとログインできました。ログイン後に /etc/fstab を以下のように変更します。

# Custom /etc/fstab for FreeBSD embedded images
#/dev/ufs/rootfs /       ufs     rw      1       1
/dev/mmcsd0s2a   /       ufs     rw      1       1
/dev/msdosfs/MSDOSBOOT /boot/msdos msdosfs rw,noatime 0 0
md /tmp mfs rw,noatime,-s30m 0 0
md /var/log mfs rw,noatime,-s15m 0 0
md /var/tmp mfs rw,noatime,-s12m 0 0

 
これで無事に起動します。 8GByte MicroSD は 8GByte よりちょっと小さい / バーティションが用意されます。

あとは freebsd という su できる一般ユーザがあるのでこれを適当に利用したり削除して自分のアカウントを作成したりして、 /etc/rc.conf を書き換えたりとか、自分の好みの FreeBSD に仕上げて完成。

dmesg は以下になります。

dmesg

FreeBSD/arm には PCI BUS ってのは無いようですね。pciconf -lv は表示してくれません。
あと、 sysctl -a を見ると dev.cpu.0.freq で CPU 速度が 900MHz と 600MHz で可変のようですが、 900MHz で動作しているところを見たことがありませんf(^^;;。
dev.cpu.0.temperature もきっちりとあって、温度が取れます。僕のはヒートシンク付きなので高いときで大体 44゜C くらいでしょうかね。

 
Raspberry Pi2 を知らなくて FreeBSD にうんと詳しい人(あ。それは僕のことです;-P)が接すると大体一時間くらいで遊べるようになります。

 
3). /usr/prots どうするよ?
一応 NFS まで動かして自宅の ports サーバの /usr/ports を NFS マウントして /usr/ports/ports-mgt/pkg/ を make してみたのですが、やはり遅くてダメですね。途中で Ctrl-C して止めてしまいました。

クロスコンパイル環境を FreeBSD/amd64 に作らないとダメっぽい。

とわ言いつつ、一応、自分で make した packages を用意しました。以下の URL にあるので欲しい方はダウンロードして pkg add してみてください。

http://distfiles.icmpv6.org/distfiles/packages/All.armv6/

拡張子が tbz なのは僕が make したモノ、 txz は README.txt に書かれている URL からダウンロードしたモノになります。
上にも書いている通り僕は FreeBSD-11.0-CURRENT の r284544 を利用しています。そこでコンパイルしたモノになります。 make config は自分の趣味で指定してます。極力余計なモノをインストールしないオプションを指定しています;-)。

 
と、いうことで今回はここまで。

FreeBSD-CURRENT の image ファイルを持ってきて dd して Raspberry Pi2 で起動すると、あっと言う間に起動します。すげー簡単に FreeBSD/arm が遊べるようになります。

次は FreeBSD/amd64 でクロスコンパイル環境が作れた。と、いうネタで書けると良いなぁ;-)。

 
僕はヒートシンク(プロモーションだった;-)付きで 5,980yen で購入したんだけど、タイミングが良かったのかな?

 

6月 212015
 

「CPU コレクション」です。以前に AMD の CPU である SocketA についてバババと連チャンで書きまして、そのときに「これで全部です。」などと書いていた記憶がありますが、なんとっ!!一個忘れていました。そーです。 AMD 初のサーバ用途向けの Multiple Processor CPU を忘れていました。

僕は使ったことがなかったのですっかりと頭の中から落ちていたのですが、以前 CPU カードを購入しそれについてここに掲載したのですが、実は新品未開封状態のままです。で、そのカードの Volume.2 のほうに今回登場する CPU があるんですね。

今回登場するのは AthlonMP です。 コアアーキテクチャは Palomino のようです。

これもオークションで購入しました。こーいうのはほっとくと二度と手に入らなくなる可能性があるのでなんとしても手元に置いときたい。そー思った時にタイミング良くゲットしました。

こちらが表側。

SocketA_AthlonMP_1

コアの部分には AMD Athlon としか書いてないのですが、 CPU part number を確認してみると AHX1000AMS3C なので、この CPU は Athlon MP であることがうかがえます。
ちなみにこの CPU はクロックが 1GHz なので一番スペックの低いモノになります。

そして、こちらが裏側。

ふむ。確かに SocketA ですね。

SocketA_AthlonMP_2

AMD はこのあと、サーバ用途の CPU をバババと出し Intel と勝負を始めるんですね。 Intel が Pentium4 でずっこけている間に AthlonMP の次に Opteron を登場させ、ドドドとサーバ市場に打って出ていくわけですね。
初代のやたらと横長の Opteron は今は手元にないのですが、これも欲しいなぁ。と思いつつ、たまに見かけるのですがまだまだ高くて手が出ない。けど、安くなるのを待っていると市場から無くなってしまうし・・。

AMD の Opteron は今のところ何個か持っているので今後ここに掲載していく予定です。

今回は、今はもうすっかりと懐かしい雰囲気となった AthlonMP の登場なのでありました。これ、持っている人中々いないでしょ? ;-)。

 
と、いうことで SocketA な CPU は僕の手元にある個体数がまだまだ少ない。と、いうことが判明しまた。このあと、数回ほど継続して SocketA の CPU が登場することになりますf(^^;;。
と、いうか、前回書いたエントリも間違いがあったりして、書き直したいなぁ。などと思えてきました・・。

いやぁ・・。まいったなぁ・・。

6月 112015
 

「CPU コレクション」のカテゴリです。前回は見たこともないしウェブ上に情報も無い MIPS な CPU だと思っていたジオメトリエンジンを掲載しましたが、今回もまたあやすぃ MIPS な CPU の登場です。

型番は IDT 79R4600-133G と、いうふうに書かかれています。 IDT がメーカ名だとすると、んーーっ!! ちょっと待ってくれー。 x86 アーキテクチャな CPU で Socket7 の WinChip という CPU を僕は持っているのですが、今回登場する CPU も IDT というメーカの CPU だぞぉ。

と、いうことで、同じメーカが x86 や MIPS アーキテクチャの CPU を作っていたのね。 AMD みたいだなぁ。

で、表側を写真はこんな感じ。

IDT_79R4600_133G_1

“Orion” と良く見えますね。でもって、綺麗な CPU です。
この CPU は MIPS R4600 でクロックは 133MHz のようです。 CPU World にも親戚達 が掲載されているので、この CPU はそれなりにメジャーである。と、いうことになるでしょうかね。

でもってこっちが裏側です。

IDT_79R4600_133G_2

ふむー。ピンが並んでいます。

それにしても・・。手元に MIPS の CPU が全部で三個(あぅ。一個はジオメトリエンジンだぁ・・。)になりました。 NEC の VR5000 と、前回掲載した 東芝製のヤツと、そして今回の掲載するヤツ。

いっそのこと、三つを比べてみましょう。

こちらが表側です。

IDT_79R4600_133G_3

NEC の VR5000 は地味ですね。一番上に “NEC VR5000″ と書かれていますが。それにひきかえ、他の二つはゴールドが派手です。こーいう派手なヤツは CPU としてはなんか好きです;-)。

でもってこっちが裏側。

IDT_79R4600_133G_4

表の見た感じも十分に楽しいのですが、裏側を見るとこっちは驚きです。全ての CPU でピン配置が違うんですよね。
これが MIPS アーキテクチャだ。ワークステーションに対応した専用設計の CPU だ。と、言われればその通りではあるとは思うのですが、なんと無駄なことを・・。と、いうのが素直な感想ですf(^^;;。

例えば NEC の VR5000 は SGI の O2 から引っこ抜きました。対してジオメトリエンジンは SGI ワークステーションで利用されているとしても、ピンの互換は無いですねぇf(^^;;。
まぁ、 VR5000 と R4600 は別モノなのでソケット形状も違っていて当たり前。と、いうふうになるのですが、まぁ、それはそれであまり良く解らない MIPS なのでして・・f(^^;;。

i386 系の CPU だけでなく、こーいう CPU を集めるというのも、まぁ、前回も書いたかもしれませんが、中々楽しいですねぇ;-)。

もぅ MIPS アーキテクチャは十分かなぁ;-)。

6月 102015
 

どうもウェブで Windows10 mobile について検索してみると、日本語ドキュメントというのがあまりないので、僕が継続して書かねばならないのか? などと思ったりしたわけでして・・。

と、いうことで以前書いた「Lumia620 に Windows10 mobile Technical Preview が降ってきた。」というエントリの続編です。
僕は ATOM N270 な CPU の PC にデスクトップ版の Windows10 Insider Preview の x64 をインストールしている(仮想環境ではないっ!!;-)のですが、こちらのほうはコツコツとバージョンアップしていて、そこはかとなく安定しているな。と、いうのが感じられます。

デスクトップ版のほうは既定のアプリでブラウザに Project Spartan を指定しているとウェブ認証が行えない場合などがある(Project Spartan は Twitter 認証ができない)ので、既定のアプリを Vivaldi などに変更すると良いかも知れないです。

 
と、いうことで話は本題。僕の持っている Lumia 620 に Windows10 mobile をインストールした、その後についてちょっと書いてみましょう。

1). 現在のバージョン
デスクトップ版に比べて mobile 版の進捗は芳しくないようです。 Lumia 620 は一応 Microsoft 謹製なのですが、日本の場合は色々ウェブ上の記事などを読んでみるとマウスコンピューターの MADOSMA の技術がマイクロソフト側(カタカナなので日本法人のことです;-)に流れているみたいですね。マウスコンピュータのインポート具合が Microsoft に流れて Lumia の日本語環境がよくなっていくのかな? そんな印象を受けましたが、あくまで僕の想像です;-)。

マイクロソフト自体は Lumia 830 を使うようで、今後 Windows10 mobile の日本語環境もバージョンアップしてどんどん良くなっていってくれると良いのですが。

と、いう Lumia 620 も初のインストールから一回バージョンアップがありました。今はこんなバージョンで動作しています。

Win10mob2_1

まだ動作が怪しかった(どう怪しいのかは下のほうに羅列します)り、日本語化は必要最小限だったりします。よく使うメニューは日本語表示なんだけど、どーでも良いメニューは英語だったりと、同じ画面の中のモノ全部日本語化する。ってのはやってないですね。

で、動作の怪しい項目と復旧方法について。

  • 遅い。タップしてから起動するまでにあの例のぐるんぐるんと回るのが延々続きます。そしてようやっと起動する。みたいな。これはデバッグモードとか入っているからなのかな?
  • 時々本体がフリーズします。電源ボタン押して一旦ブラックアウトさせたあと、再度電源ボタンを入れると復活します。頻繁に再起動する必要はありません。
  • 時々画面がフリーズします。上からスワイプして通知画面を出して Wi-Fi とかタップすると設定画面が現れるので、その画面を閉じると復活します。

問題はこれくらいでしょうかねぇ・・。まぁ、他にも色々あるんですが。

 
2). 日本語入力できないと思ったらできた;-)
これはちょっと困っている。あ。けど、そんなに頻繁に使ってないので困ってはいないか・・;-)。
日本語キーボードとかインストールしているんだけど、文字入力時にどうやって日本語キーボードを出すのかが判りません。

Windows10 mobile のキーボードは Windows Phone8.1 のよりは多機能になっていて、左下に青い点が表示され、そこをタップすると十字キーなんかが表示されたります。

まだ IP だからなのか、下の真ん中にある Windows ボタンを押すと左上にマウスカーソルが表示されます。が、動きません。

 
と、ここまで書いて、日本語キーボードの出し方が解りました。左下の [&123] というキーがあるのですが、ここにギアのマークがありますね。このキー長押しで設定とキーボード選択画面が現れました(o_@)。

Win10mob2_2

おぉ。日本語入力できるようになった;-)。

 
3).アプリ色々
アプリは動かないもの、変な動作をするモノが多いですね。

一番は Windows Phone8.1 の頃にあった Office が、 Windows10 mobile をインストールした時点で消えてなくなりました。あたたた。
Office は Office 2016 が入るようで、今は無い状態なんですね。で、 Office 2016 の Public Preview 版をダウンロードしてね。って URL が表示されるんですが、 Windows10 mobile 版てまだ無いじゃん。みたいな・・。orz

People アプリの後継である People+ というのがインストールされたのですが、アドレス帳とか Twitter とか Facebook が統合されたアプリなんですけども。
アドレス帳は “A-Z とそれ以外” とかの表示になってしまって “あ・か・さ・た・な” ではまだソートできないんですね。ひらがな・漢字の名前は “A-Z とそれ以外” の「それ以外」のほうに並びます。
なので、今のところは People+ ではなく昔からある People アプリしか使えない状態です。

Win10mob2_13

 
4).SIM 使える?
あ。 Lumia 620 の記事を書くときに行う検証は羽田とか成田の出国カウンター辺りで行っていることにしといてください;-)。

と、いうことで ぷらら LTE の SIM を入れてみたのですが、どうもキャリアに接続できないんですよね。
MVNO を変えてみました。」のエントリのところでチロっと書きましたが、ぷらら LTE の SIM を 3G で使う場合には AP に lte.mobac.net を指定しないと接続できません。

今回はそれを指定したのですが、どーも 3G で接続できませんでした。

 
とまぁ、 Lumia 620 に Windows10 mobile をインストールして色々試してみましたが、現状においては完成度は圧倒的に WindowsPhone8.1 のほうが高いです。無理して Windows10 mobile にする必要はまるで無いと思われます。僕がもっと真剣に Lumia 620 を利用しているのであれば WindowsPhone8.1 に戻してそれを利用し続けます。

ただ、お祭好きな人はそれに乗ってみたいというのがあるんですね。なので、開発者・検証者になりたい人はどんどんトライするのが良いと思われます。

 
Windows10 のデスクトップ版のリリースは決定しましたが、 mobile 版はまだ未定のようですね。確かにそんな感じはします。マウスコンピューターとマイクロソフトに頑張ってもらって Windows10 mobile が日本語環境でもサクサクと使えるようになって欲しいものです;-)。

今度 Windows10 mobile について書くときはリリースされた頃かな? ;-)。

 
あ。色々質問などある方いましたら、コメント頂ければ解る範囲でお答えしますー。

5月 302015
 

「CPU コレクション」です。ヤフオクの CPU のカテゴリを見ていたら、なにやら非常にあやすぃー CPU が出ていたのでそのまま購入してしまいました。値段は 800yen でした。多分、僕しか購入する人はいないのだろうなぁ。と、いう感じf(^^;;。

今回掲載する CPU はまるで情報がありません。最近このカテゴリのエントリを書くために http://www.cpu-world.com/ を参照するのですが、ここにも情報がありません。あいや・・。

で、購入時(正確には『落札時』か;-)の型番は 099-9035-003 GE11 REVB SGl94/T9P40YH 9615AAA です。これで検索しても出てこない。しかし、よくよく見てみると途中に SGI という文字があるので、そこから判断すると、SGI 製の MIPS R4000 系ではないか。と、思われます。

GSI (Silicon Graphics International) といえは IRIX という OS で UNIX マシンを販売していました。アーキテクチャは MIPS の UNIX マシンです。このブログでは過去に NEC の MIPS VR5000 を掲載しています。この CPU は SGI の O2 という筐体の中から引っペがしました。

今回掲載する CPU の写真はこれです。

GE11_REVB SGl94_1

上にネジがあるんですよね。そして Made in Japan の CPU なようですっ!! どうして検索しても引っかからないんだーーっ!! 日本で CPU 作っているメーカってそんなに無いだろうにっ!! NEC・富士通・日立・・。他には? f(^^;;。 SONY は NEWS のために自社で CPU 作っていたっけ? んーー????

まぁ、心を落ち着かせてと・・。

斜め横かに見た写真。

GE11_REVB SGl94_3

この出っ張りは CPU クーラーとかヒートシンクを固定するためにあるのかなぁ? CPU に直接ネジが出ている中々珍しいタイプの CPU です。

こちらが裏側。

GE11_REVB SGl94_2

ふむ。ゴールドに輝くピンの配置ですね。

「CPU コレクション」は x86 アーキテクチャだけでなく、色々なアーキテクチャの CPU を集めているので、こーいうのも手元に置いときたい。今のところ買うのは僕だけかもしれないけど、こーいうのを今のタイミングで手に入れておかないともう二度と手に入らないような気がして・・。一種の脅迫概念でしょうかねf(^^;;。

今回登場したのはメーカ不明(多分 SGI だとは思うけど)の CPU コアの上にネジが付いている CPU なのであります。

どなたか、この CPU についてご存じの方いましたら、情報提供宜しくお願いしますー。

5月 132015
 

今回登場する CPU はこれまた随分と古い CPU になるかと思います。 Cyrix の Cx5x86 です。これはオークションを見ていたら出品されていたので迷わずゲットしてしまいした。

が、そーだそーだ。この CPU がオークションに出ているとき、写真が No data だったんですよね。落札してから届くまでの間、「どんなのが届くんだろう?」と、ハラハラドキドキしていました。

で、届いたのがこれ。

Cyrix_5x86-100GP_1

うおーっ!! ヒートシンクが default で付いていて、なおかつゲタまではいているじゃーーんっ!! などとミョーに感動してしまいました。

Cyrix_5x86-100GP_2

そして、ヒートシンクが default で付いているヤツとしては、今は手元に Intel の i486DX OverDriveProcessor がありますが、それに通じるモノがありますね。

ヒートシンク付き CPU を二つ並べた図;-)。 ヒートシンクが付いている CPU が手元に二つになりました;-)。

Cyrix_5x86-100GP_4

大きさが随分と違いますよね。 i486 アーキテクチャの CPU とは思えない大きさです。

そしてこちらは CPU の裏側です。

Cyrix_5x86-100GP_3

ふむ。単体で見るといまいち何の Socket か不明ですね。名前からして P54C 互換かな?とか思ったのですが、全然合わない。

でもって並べてみました。 CPU の裏側の写真です。

Cyrix_5x86-100GP_35

i486 DX OverDriveProcessor と一緒に写真を撮ってみました。なるほど。当時の Cyrix や AMD は頭の数値が 5 だと i486 の互換 CPU ということになるのですね。
大きさが違うのは Cyrix Cx5x86 は CPU 全体で分厚いので遠近法で大きく見えてしまったからです。 Socket 形状は一緒ですf(^^;;。

ちなみにこの CPU も使ったことはありません。オークションに出いたのでゲットしたのですが、中々な逸品が手元のコレクションに加わってくれました。ちょっとゴツイですけどね;-)。

5月 092015
 

最近はランニングするようになったので、その時に iPhone6 の Nike+ なアプリを利用しているのですが、最初は音楽を聴かずに走っていたんですね。しかし、苦痛でしょうがない。『どうして僕は走っているのだろう?』『辛いなぁ。歩こうかなぁ。』とか『走り終わったらビール飲むぜぃ。』など、そんなこと考えつつ走っているんですね。

その話を同じランニング仲間としていたら「音楽聴きながら走ると随分と違うよ。辛いことを考えなくて済むから中々良いよ。」と、言われたので、今回ランニング時に付けるヘッドホンを物色してみました。で、探してみると Blue Ever Blue から新製品が出た。と、いうのでそれを買ってみました。

Blue Ever Blue の 833GW というモデルです。

以前、このブログでは Blue Ever Blue 868B を購入してそのレポートを書いているのですが、今回は 833GW のレポートを書いてみたいと思います。

まず、届いたパッケージはこんな感じ。

IMG_1676_BEB833GW_1

今回のモデルはちょっと大きめの紙の箱に入っていました。こっちのほうがオシャレかなぁ;-)。

そして、中に入っていたモノはこんな感じ。

IMG_1677_BEB833GW_2

相変わらず耳キャップはたくさん付いていますね。自分の耳に合うモノを選択できそうです。そして、袋がついています。このヘッドホンはランニング時に利用する予定なので、この袋に入れてランニング時に利用するウエストバックの中に入れておこうかと思います。

そして 868B との比較。

IMG_1683_BEB833GW_3

今回は白というかグレーを購入しました。するとケーブルは白なんですよね。色が真逆です。筐体はアルミなのはどちらも一緒ですが 833GW のほうが細身で軽いですね。接続プラグは形状が違います。 833GW はナナメになりました。が、どちらも細いので iPhone6 にケースを付けていてもちゃんと接続することができるのは嬉しい設計ですね。

 
と、いうことで聞き比べです。今回は比較対象として以下の二つ、合計三つで聞き比べてみました。

  • Blue Ever Blue 868B
  • Audio-Technica ATH-CK7

値段的には ATH-CK7 が一番高いです。今は現役引退していますが、聞いていた当時は音が良かった。しかし、 10 年くらい前のモノになるでしょうかね。最新のモノのほうが投入される技術が凄い。というのは痛感できます。

さて。実際に 833GW で聞いてみた感想ですが 868B とはまるで異なる音質です。「こんなに音色が違うのかっ!!」と唖然とします。

833GW を購入する前に色々なサイトで文章を読んでみたのですが『868B に比べて低音を抑え気味な味付けにしてある。』などと書いてありますが、まさしくそんな感じで、実際に聞いてみるとそれなりにフツーの音でした。
逆に 833GW で聞いた後に同じ曲を 868B で聞くと『うひゃー。激しいなぁ・・。』などと感じます。楽曲本来のナチュラルな音ってどーいう音なんだぁ?と思えてきます。

と、いうことで 833GW と 868B では味付けが全く違うため、比較にならないんですね。なので、わざわざ古い Audio-Technica ATH-CK7 を引っ張り出してきて追加で聞き比べをした。と、いう感じなんですけども。

833GW の音は ATH-CK7 と似た感じで重低音がドンドンドカドカと来ません。ナチュラルに聞こえてきます。が、値段的には圧倒的に高い ATH-CK7 でも、最新の技術を導入した 833GW にはかないませんね。音の広がりは圧倒的に 833GW のほうが上です。

 
Loudness の「Crazy Night」は 868B はニィちゃんのギターの音がジャカジャカきます。ダブルピックアップで音を拾っているねぇ。って感じですが 833GW の場合は『あれ? ストラトか?』とか感じてしまう。ひぐっつあんのドラムの音はもうまるで別ものf(^^;;。

しかし、女性ボーカルの曲は良い感じで聞けます。AKB48 の「ポニーテールとシュシュ」は音の広がりが体感できるのは 868B と一緒ですが、むやみやたらな重低音が抑えられているのでコーラス(ハモり部分)まで綺麗に聞けます。
この曲を ATH-CK7 で聞いてみるとハモり部分の広がりが感じられないし、楽器の広がりも 833GW や 868B ほどでは無い。しかし、ボーカルの声が中心から聞こえるので、音が広がってない分クリアに聞こえます。

ナチュラル音源はどれなんだぁ・・?! って感じf(^^;;。

あと、YUKI の「プリズム」は 833GW で聞くと良いですねぇ。イントロのピアノの音がすごい綺麗。YUKI の声も通るように聞こえる。音の広がりも良い感じです。

 
と、いうことで、だいたい自分の感じる音について書いてみました。しかし、僕の耳はそんなにうるさくはないので話半分程度で聞いて(読んで)頂ければと思います。

そして、今回このイヤホンを購入した目的はランニング用に購入したので、重低音ドカドカよりも、走るときはこっちのほうが良いかなぁ。などと思っています。

しかし、833GW で耳が慣れると 868B には(重低音が激しすぎて)戻れないような気がするんだけど、この先どうなるかはまだ解りません;-)。

最後にですけど、このエントリを書いている現在 868B は 3,800yen で買えます。 833GW は 3,880yen と、 868B より高めの値段です。差額の 80yen はこのエントリを書くためのネタ代かな;-)。

 

4月 212015
 

「CPU コレクション」も今回が72回目ですかー。随分と書き進みましたー。このカテゴリを斜め読みでも良いので全部見ていくと大体一時間くらいかかりそうでしょうかねぇ?

今回登場するのは Motorola の PowerPC G3 です。

以前に PowerPC については IBM の PowerPC G3 が登場しています。他に Motorola の PowerPC G4G4 Dual などを掲載してきました。今回はそれに続き。と、いう感じですね。と、いうか これで PowerPC の G3 と G4 は全てのラインナップが出揃ったのではないだろうか・・。そうなると次はいよいよ PowerPC G5 を手元に置く必要が出てきたということですね。

でもって、こちらか今回の CPU です。

Motorola_PowerPC_G3_1

基本的に Mac のための CPU です。 Motorola の CPU というのはコアの周りにじゅうたんが敷いてあるのはこのときからのしきたりでしょうかね。おかげで印刷してある文字列を見ることができない。

貼られているシールからも CPU を特定するのが中々難しいです。ちなみにこの CPU のクロックは 266MHz だそうです。

でもってこちらが裏側。

Motorola_PowerPC_G3_2

ふむー。辛うじて “MOTO 97R” という文字列が読み取れます。ここから想像してみると Motorola の CPU なんだろうなぁ。と思えてきます(本当かぁ?)。

それにしても Socket な PowerPC というのも珍しいですね。 IBM の PowerPC G3 は Slotでした。 PowerPC G4 は一応は Socket ですが、CPU のウラ面の大部分を占めている。と、いうことはないですね。

PowerPC でもマザーボードによって CPU との接続部分がこうも違う。と、いうのは中々面白いですね。

 
と、ここまで書いてきて。あー。なんか思い出してきた。僕は以前 Mac を持っていた時期があって、それは Power Macintosh G3 MT 266 というヤツでした。筐体の横っちょがぼっこりと出ているグレーのタワー型の筐体のヤツ。これで使われていたのがこの CPU だったような気がします。

Power Macintosh G3 MT 266 は友人から安く購入したのですが、確かバッファローの CPU アクセラレータ が載っていたような記憶があります。これかな?

http://buffalo.jp/products/new/99046_1.html

MacOS9 カーネルモジュール(とは当時は言ってなかった;-)を組み込んで CPU を認識させてパワーアップできたんだけど、 MacOSX には非対応になった CPU だ。

と、いうことで、この CPU もそのときにあったような気がしますが、使わかなった覚えがあります。

そーなると、実際に使ったことのある CPU。と、いうことになりますねぇ。が、どっちにしても古い話ですf(^^;;。