1月 142023
 

このブログでは何回か VRF について書きました。 FreeBSD の VRFubuntu の VRF など。 FreeBSD のポリシールーティングのネタも書いたこともありました。

そのとき CentOS7 はカーネルがまだ VRF に対応していなくて、CentOS8 まで VRF は実質利用できない状態だったのだけど、今の時代、AlmaLinux8 を利用すればカーネル的に VRF が利用できるので、試してみました。

ubuntu のネットワーク設定より Red Hat Linux 系のネットワーク設定のほうが楽と、いうか、個人的にも直感的に設定できるような状態ですしね(^^;;。今回は由緒正しく /etc/sysconfig/network-scripts/ 配下のファイルを用意して VRF の設定をしてみたいと思います。

 
と、いうことでまずは構成図などを。



 
基本的に FreeBSD の VRF も同じ構成で組んでいます。セグメントは全部で 3 個。

  • Service-Segment: 外部からのアクセス用
  • Access-Segment: MySQL とか SNMP とかバックヤード系
  • mgmt: ssh でサーバにログインする用

 
今回のルーティングテーブルは合計二つ。Service-Segment と Access-Segment で一個のルーティングテーブル。 mgmt が VRF で設定するもう一個のルーティングテーブルになります。

FreeBSD で VRF するときに痛感したのですが、自分から出すパケットは default のルーティングテーブルからしか出ていきません。VRF で追加したルーティングテーブルの mgmt セグメントの 192.168.1.0/24 に ssh しようとしても default のルーティングテーブルから出ていきます。

例えば 192.168.52.201 で動作している MySQL にアクセスしようとした場合、default のルーティングテーブルから出ていくのですが Access-Segment で利用しているセグメントがローカルネットワークになっているのでそこから出ていきます。
MySQL サーバが 172.16.52.201 にあった場合、 default gateway の設定のある Service-Segment から出ていきますが、 MySQL のアクセスは Access-Segment から出ていきたいので route add -net 172.17.52.0/24 gw 192.168.52.1 とか Access-Segment にルーティング設定をしてあげる必要があります。

 
と、いうことで VRF を設定して本当に幸せになるのかよくわかりませんが、とりあえず設定して行ってみましょう。

上記の構成図に合わせて /etc/sysconfig/network-scripts/ にファイルを用意していきます。

ifcfg-eth0
ifcfg-eth1
ifcfg-eth2
ifcfg-vrf.eth2
route-vrf.eth2
route6-vrf.eth2

実際に中を見てみましょう。

Service-Segment: ifcfg-eth0

TYPE=Ethernet
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6ADDR=2001:470:fe36:face::217:1
IPV6_DEFAULTGW=2001:470:fe36:face::1
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=eth0
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
IPV6_PRIVACY=no
MACADDR=permanent
IPADDR=192.168.22.217
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.22.1

 
Service-Segmet に接続する eth0 には default gateway を設定しています。

 
Access-Segment: ifcfg-eth1

TYPE=Ethernet
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6ADDR=2001:470:fe36:cafe::217:1
#IPV6_DEFAULTGW=2001:470:fe36:cafe::1
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=eth1
DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
IPV6_PRIVACY=no
MACADDR=permanent
IPADDR=192.168.52.217
PREFIX=24
#GATEWAY=192.168.52.1

 
こちらは内部のアクセス用ネットワークなので、default gateway は設定していません。実際には route add -net でネットワークごとにルーティング情報を追加するんだろうなぁ。と、いう気配です。

 
mgmt: ifcfg-eth2

TYPE=Ethernet
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6ADDR=2405:6580:aa40::217:1
IPV6_DEFAULTGW=2405:6580:aa40::1
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=eth2
DEVICE=eth2
ONBOOT=yes
IPV6_PRIVACY=no
MACADDR=permanent
IPADDR=192.168.1.217
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.1.1

 
マネージメント用ネットワークで外部から ssh でログインするときに利用します。これが VRF を利用するインターフェースなので default gateway が設定してあります。でもって次のファイルも必要です。

 
mgmt-VRF: ifcfg-vrf.eth2

TYPE=Ethernet
DEFROUTE=yes
BOOTPROTO=none
IPADDR=192.168.1.217
PREFIX=24
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=no
IPV6ADDR=2405:6580:aa40::217:1
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=vrf.eth2
DEVICE=eth2
ONBOOT=yes
VRF=mgmt0

 
NAME= と VRF= で VRF で動作の設定です。ifconfig -a したときに mgmt0 というインターフェースが生えてきます。

 
mgmt-route-IPv4: route-vrf.eth2

ADDRESS=0.0.0.0
NETMASK=0.0.0.0
GATEWAY0=192.168.1.1

 
VRF 側の IPv4 のルーティングテーブルの設定です。

mgmt-route-IPv6: route6-vrf.eth2

::/0 via 2405:6580:aa40::1

 
こちらが VRF 側の IPv6 のルーティングの設定。

 
で、これで準備ができたので一応再起動してみます。がっ!!

これがまた正しく動作しないのですよなぁ・・。 orz。

 
と、いうことで、追加で /etc/rc.local に設定を記載して、ちゃんど動作するようにコマンドを羅列します。 orz

ip link add dev mgmt0 type vrf table 10
ip link set dev mgmt0 up
ip link set dev eth2 master mgmt0
ip addr add dev eth2 192.168.1.217/24
ip link set dev eth2 up
ip route add default via 192.168.1.1 table 10
ip route add ::/0 via 2405:6580:aa40::1 table 10

route delete default
route delete default
route add default gw 192.168.22.1

ip route del ::/0 via 2405:6580:aa40::1
ip route del ::/0 via 2001:470:fe36:face::1
route -6 add default gw 2001:470:fe36:face::1

sysctl -w net.ipv4.tcp_l3mdev_accept=1
sysctl -w net.ipv4.udp_l3mdev_accept=1

 
最後の sysctl コマンドは /etc/sysctl.conf に記載しても良いですね。
問題はその上です。

上から順に、

  • インターフェース mgmt0 を vrf として作成し table 10 とします
  • インターフェース eth2 と mgmt0 をくっつけます
  • table 10 (VRF 側) に default route を設定します
  • default のルーティングテーブルが壊れているようなので default gateway を二回削除してからつけ直します (ほんとうにこれしないとダメだった・・orz)

 
ルーティングの情報は IPv4 と IPv6 両方で実施します。これで大丈夫みたい。

確認方法は以下です。

# ip route show
default via 192.168.22.1 dev eth0 
192.168.1.1 dev eth2 proto static scope link metric 102 
192.168.22.0/24 dev eth0 proto kernel scope link src 192.168.22.217 
192.168.52.0/24 dev eth1 proto kernel scope link src 192.168.52.217 

# ip -6 route show
::1 dev lo proto kernel metric 256 pref medium
2405:6580:aa40::/64 dev eth2 proto kernel metric 102 pref medium
2001:470:fe36:face::/64 dev eth0 proto kernel metric 100 pref medium
2001:470:fe36:cafe::/64 dev eth1 proto kernel metric 101 pref medium

# ip route show table 10
default via 192.168.1.1 dev eth2 
broadcast 192.168.1.0 dev eth2 proto kernel scope link src 192.168.1.217 
local 192.168.1.217 dev eth2 proto kernel scope host src 192.168.1.217 
broadcast 192.168.1.255 dev eth2 proto kernel scope link src 192.168.1.217 

# ip -6 route show table 10
local 2405:6580:aa40::217:1 dev eth2 proto kernel metric 0 pref medium
local fe80::751c:3cc8:a2c0:2fcb dev eth2 proto kernel metric 0 pref medium
multicast ff00::/8 dev eth2 proto kernel metric 256 pref medium
default via 2405:6580:aa40::1 dev eth2 metric 1024 pref medium

# ip -d link show type vrf
6: mgmt0:  mtu 65575 qdisc noqueue state UP mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether 12:c4:f9:dc:1f:bf brd ff:ff:ff:ff:ff:ff promiscuity 0 minmtu 1280 maxmtu 65575 
    vrf table 10 addrgenmode none numtxqueues 1 numrxqueues 1 gso_max_size 65536 gso_max_segs 65535 

 
なんか良さげな感じがしています。

192.168.22.1 から eth2 のアドレスに対してアクセスした場合、戻りパケットはちゃんと eth2 から出ていきます。 19.268.1.50 から eth0 のアドレスに対してアクセスした場合、ちゃんと eth0 から戻っていきます。ある意味 VRF が機能している。と、いう感じです。やりたかったことはこれですね。

 
ただ、自分から出ていくパケットについてが問題です。default のルーティングテーブルから出ていくのが基本で、別のルーティングテーブルを利用したい場合は ping -I eth2 192.168.1.40 みたいにインターフェースを指定する必要があります。明示的にコマンドを打つなら良いですが、例えば php から MySQL にアクセスするために VRF 側のルーティングテーブルを利用して外に出ていきたい。などというのはほぼ不可能です。

使い方が非常に限られる VRF ですが、機能的には一応、動作する。と、いうことですなぁ。

 
さてと。今回構築したこの AlmaLinux release 8.7 の環境ですが、もうしばらく利用したいと思います。次のエントリは今回作成した環境を利用します。が、直接的・動作的には全く関係ないですが、好ご期待;-)。

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください