4月 212010
 

emacs-23.1+mew-7.0.50 を利用しているのですが、最近 HTML なメールが多いなぁ。と、随分前から思っていて emacs-w3m を利用しているのであります。

emacs-23.1 の場合には emacs-w3m-1.4.4.tar.gz をダウンロードしてインストールしても動作しないので CVS から取ってきてインストールしようね。ってのは有名な話なのでそれについてはここでは書かないです。

で、mew で emacs-w3m を利用して HTML メールを読む時に “,” と “.” を交互に押すと HTML か、もしくはテキストとして表示するか選択ができるんだけど、 HTML メールを default でテキストとして読む設定がちーとも解らなかった。僕の .mew は以下のように設定されているんだけどねぇ。

; w3m の呼び出し
(require 'mew-w3m)
(setq mew-mime-multipart-alternative-list
'("Text/Html" "Text/Plain" ".*"))
(define-key mew-summary-mode-map "T" 'mew-w3m-view-inline-image) ;(w3m-toggle-inline-images)

 
mew のソースコードの中にある dot.mew にも以下のように書いてある。

;(setq mew-mime-multipart-alternative-list
'("Text/Html" "Text/Plain" "*."))
;(condition-case nil ; (require 'mew-w3m) ; (file-error nil))

 
しかし、この設定では default で HTML をテキストとして表示してくれないのよねぇ。ただ単に HTML が表示されるだけ・・。 “,” と “.” を必ず押さなければならない。変じゃーん。と言うことで色々試した結果、以下のように記述すれば default でテキストとして表示することを発見しました。

(setq mew-mime-multipart-alternative-list
'("Text/Plain" "Text/Html" ".*"))

 
この設定の内 Text/Plain と Text/Html を逆にすることによって default の表示の動作が変わるのですね。そんな風に書いているサイト、どこにも見当たらなかったのだけど、これって常識?もしくは emacs-23.1 で変わったとか。

後、気づいた点としては、最近の Content-Type: multipart/alternative; なメールは Text/Plain が先に付いていて、Text/Html がその後のパートになっているとかで表示が変わるとか変わらないとか・・。

僕自身 elisp はいまいち苦手なのでソースを見てもチンプンカンプンなので(それを人は解らないと言うのだろうか)困ったことなのであります。

まぁ、どっちにしても HTML メールの default 表示がテキストになってくれて良かったです;-)。

  1 件のコメント to “mew-w3m の設定。”

  1. ども。エントリの著者です。

    最近、本当に HTML のメールが多くて、毎回 “.” を押すのがうざくなってきた。

    上記の設定では default で HTML メールをテキストでは表示してくれないですよね。

    正しくは以下のようにすると大丈夫なようです。

    (require ‘mew-w3m)
    (setq mew-use-text/html t)
    (setq mew-mime-multipart-alternative-list ‘(“Text/Html” “Text/Plain” “.*”))

    上記の二行目がミソです。
    これで default でテキストで表示してくれるようになったよー。

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)