5月 132009
 

前回書いた続編と言うか・・。

一応、apache を Proxy として利用できるようになり、コメントで hagyさん から、mod_mem_disk と mod_mem_cache の両方を書いたときの動作確認してよー。って言われたので、そのテストをしようと思った矢先・・。

テスト環境では、キャッシュしようと思っていたデータがベーシック認証の中にあったのでありました。つまり、キャッシュしてはいけないデータなので apache Proxy はデータをキャッシュしてくれないんですね・・。

フリーソフトウェアのほとんどの Proxy サーバはベーシック認証やダイジェスト認証の中にあるコンテンツについて、セキュリティの観点によりキャッシュサーバでは絶対にキャッシュしない。と言うポリシーのもとで作成されているみたいです。apache の場合、ドキュメントにちゃんと書いてあります。

http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/mod_cache.html#cacheignorecachecontrol

NetApp 社の NetCache もしかりですが、設定が用意されているみたいで on no-cache とか on uncond-cache がそれにあたります(当然、設定 GUI からもできるとは思いますが;-)。

さてと。どーすんべなぁ。とか思って、一応 apache のソースを眺めたらわりと簡単にソース修正できそうだったので変更してしまいました。以下はそのパッチです。

--- modules/cache/mod_cache.c.ORG       2009-05-02 10:40:03.000000000 +0900
+++ modules/cache/mod_cache.c   2009-05-02 10:39:25.000000000 +0900
@@ -95,9 +95,12 @@
/* First things first - does the request allow us to return
* cached information at all? If not, just decline the request.
*/
+
+    /* Authorization pass.
if (auth) {
return DECLINED;
}
+    */
/* * Try to serve this request from the cache.

 
認証を通った後の判断を調べてリターンしている所をそっくりコメントアウトするパッチです。これにより、ベーシック認証通過後のコンテンツもキャッシュすることができるようになります。

ふぅ。これでキャッシュ用 Proxy サーバはなんとかでき上がりました。では続いて懸案であった、mod_mem_disk と mod_mem_cache の両方を書いたときの動作確認をしたいと思います。

が・・。どう言うわけか mod_mem_cache の設定を書いていると httpd が Segmentation fault(11) してしまいます(今回は prefork で make したので一個のプロセスが Segmentation fault を起こすのみで、全ての httpd は死んではいないため port:80 では LISTEN が可能状態です)。一番最初、キャッシュしていない状態でアクセスがあった場合はマスターサーバから、仮に「A」と言うコンテンツを取ってきてキャッシュして、そしてクライアントに返します。

次に別のクライアントがコンテンツ「A」を取りに来たとき、httpd がこの時に Segmentation fault(11) で落ちてしまう。と言う状態に陥ったのでありました。なので、コンテンツは DISK 上(もしくはメモリ上)に溜まるけど、利用されることは無い。と言う感じですね。

#ちなみに mod_mem_cache で溜まったキャッシュの情報ってどうやって確認するのだろう・・。メモリ利用量のみで判断するのかなぁ?

mod_mem_cache を削除して mod_mem_disk の設定のみを書いたときは正しくキャッシュできて、 Segmentation fault(11) もせず、キャッシュされたデータも再利用できることを確認しました。なので運用的にはキャッシュデータは DISK のみに保存する。と言う方向で行きたいと思います。

ごめんねー。hagyさん。

それにしても、色々詳しく調べるまで、ベーシック認証配下のコンテンツはキャッシュしない。と言うのを知らなかったなぁ。まぁ、考えてみれば当たり前だよなー。認証の奥にある情報が実は Proxy キャッシュサーバの中に残っていた。なんてのは怖いことだもんなぁ。

  3 件のコメント to “apache で Proxy を作ってみた。(2)”

  1. あらら、残念。
    FreeBSD7.2?

  2. こんばんわ。
    いえ。一応 CentOS5だったかな。yum upgrade してある最新のバージョンです。

  3. しかし、mod_mem_cache 有効にしなくて良かったかも。このマシンはメモリを3GByte持っているのだけど、MaxClient が 300 では足りない。なのでクライアント数を増やす必要があったのでその分メモリが必要なのですねぇ。
    結局、worker で 2048 のスレッドを用意した。1プロセスは64個のスレッドを持つように設定。
    メモリが残っていて良かったよー。(負け惜しみか?;-)

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)