10月 022011
 

「CPU コレクション」の第45回目です。 MIPSSPARC  と続いたら、ここは当然 DEC Alpha か?と、皆さん誰もが思ったことでしょう。しかし、持ってないのですよー。僕も是非とも手に入れたいと思っているのですが・・。頑張って入手したいと思います。

と、言うことで、次に非 IA な CPU として登場するのは IBM の PowerPC です。今回は G3 になります。

この CPU は Apple の Power Macintosh 7500 用の CPU になります。考えてみると MIPS も SPARC も UNIX が動作していた CPU ですね。で、Apple は Mac OS X で UNIX と名乗るようになり、今や世界最大の UNIX ベンダとなっているわけであります。そー考えると、この CPU も UNIX が動作している CPU ということになりますね;-)。

こちらが全体写真。

PowerPC_G3_1.jpg

ファンレスのヒートシンクとか台座とか全部取っ払って CPU のみにしたものになります。右上の黒いパーツはデップスイッチになっています。何に利用するのでしょうかねぇ。

で。こちらが Core 部分の拡大写真。

PowerPC_G3_2.jpg

Core のセラミックの部分にはちゃんと IBM って書いてありますなぁ。

でもってこちらが裏側。

PowerPC_G3_3.jpg

デップスイッチの設定が書いてあります。CPU クロックとか、倍率を変更するための説明文でしょうかね。 PC の場合だと昔はマザーボード側でやっていましたが、 PowerPC では CPU ボード側にその機能がついている。と言うことですね。

この CPU はヤフオクでゲットしました。この頃、僕はまだ Mac を利用していなかったのでねぇ。 CPU を集め始めて、 MIPS とか SPARC が手に入ってしまうと、もっと他にも色々なものを手元に置きたい。となってしまうので、ついつい購入してしまった。というわけなのであります。

ちなみにこの CPU って Mac 専用なのかなぁ? IBM の UNIX マシンにそのままサクっと刺せたりするのかなぁ?その辺り、ちーとも解らないのでありますが・・。

そんなこんなの PowerPC G3 なのであります;-)。

  2 件のコメント to “IBM PowerPC G3。”

  1. Motorola PowerPC G4。

    「CPU コレクション」の第46回目ですが、前回からちょうど Mac で利用され…

  2. Motorola。PowerPC G3。 よりリンクがあります。

    http://running-dog.net/2015/04/post_1433.html

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)