9月 232018
 

KDE5 をインストールして、最近色々遊んでいるところです。デスクトップにも NotePC にもインストールしたので利用頻度はグググと上がりました。

そんなこんなで色々遊びつつ・調べつつしていたら latte-dock というのを発見しました。 KDE5 のパネルの代わりになるシロモノです。 FreeBSD の ports 的には deskutils/latte-dock になります。

まずはキャプチャを;-)。

レイアウトは My Layout・Plasma・Unity の、全部で三種類から選べます。 My LayOut は macOS 風、 Plasma は KDE5 の default のパネル風、 Unity というのは NextStep のランチャー風で、macOS の上にあるステータスバーみたいなのも表示されます。上記キャプチャはMン Layout でドックの設定で配置してみました。

KDE5 のウィジェットはガシガシ登録できるし、プログラムのショートカットも登録可能です。 KDE5 の標準のパネルが macOS 風になった。と、いういう認識で問題ないかと思われます。と、いうのも macOS と一緒でマウスオーバーするとアイコンがズズズと大きくなります。おぉっ!!

そして、ドックの上で右クリックすると設定画面が現れてことこまかに色々と設定することができます。設定画面ではドックとして利用したときのアイコンサイズのだとか、ウィンドの下に隠れるとか、 3D や影を付けたり、現在利用中のアプリのアイコンを光らせたりとか。

フツーの KDE5 のパネルではつまらないと思う人は是非とも体験してみてください;-)。

ただ、一部動作が多少怪しいと思う点が、使い込むほど出てきているので、今使っているパネルは小さいままデスクトップ上に置いといたほうが良いかもです。バージョン 1 が出たときには安定してくれていると嬉しい;-)。

 
それにしても KDE3 の頃だったか? パネルのアイコンが OS X (当時) 風に、普段は小さいのにマウスオーバーで大きくなったりする機能を持っていたんだけど Apple からクレームが入りその機能がなくなって、マウスオーバーしてもアイコンサイズが変わらなくなってしまった。と、記憶しています。 KDE 本体から分離したプロジェクトとして用意された latte-dock ではその機能が復活している。と、いうのはなんだか感慨深い;-P。

 
さてと。話が横道にそれましたが、設定画面のキャプチャを掲載しましょうかね。

僕の設定は日本語表示されています;-)。 この latte-dock というのは gettext で po ファイル化されているので独自に翻訳してみました。もうちょっと精査したあと kde-jp@kde.org に送る予定なので、次のバージョン辺りから最初から日本語化対応になっているのではないかと思われます。

あ。このブログでは何回か書いていますが僕は JKUG のメンバでもあるので、 KDE 自体の翻訳は特に気にはならずに Opendesktop.org に協力している次第です。

それにしても先行して日本語 po/mo フアイルが欲しい方は以下の URL に置きましたので持って行ってください。

https://icmpv6.org/Prog/ja.po/latte-dock-0.8.1-po-ja.tgz

deskutils/latte-dock を ports からインストールしたあと、ダウンロードした tgz を展開して、その中にある mo ファイルを /usr/local/share/locale/ja/LC_MESSAGES/ にほーりこんで latte-dock を再起動すると設定画面が日本語化されます。

日本語化されていたほうが設定しやすいとは思うのですが、一部へんちくりんな日本語や機能的に間違っている部分があるかと思われますが、随時更新して行きたいと思います。

9月 172018
 

KDE の 4 や 5 を使っていると ps -ax とか打つと気が滅入るときがあります。『どうしてこんなにakonadi が起動しているのだっ!?』と。まぁ、 akonadi は kdepim 系のユーザ情報管理や各種サービスへのアクセスを一手に引き受けているのでさまざまなプロセスが動くのはしょーがいなのではありますが・・。

akonadi はバックエンドにデータベースを利用していて、必要な情報はそこに格納します。選べるのは全部で三つ。 MySQL・PostgreSQL・SQLite3 ですね。 KDE4 の頃は複数のプロセスからアクセスするとデータベースがぶっ壊れるから MySQL を使え。と、いうお達しが出ていて、『まじかよー。デスクトップのバックエンドに mysqld 動かすんかよぉ・・。orz』などと思っていたのですが、 KDE5 からはいよいよ純粋に上記三つのデータベースが選択可能になったようです。

と、いうことで ports の databases/akonadi をインストールする場合は以下のようにオプションを選択すると良いでしょう。

今回は非常に負荷の軽い SQLite3 をチョイスしました。この状態で akonadi をコンパイルすると関連性により databases/qt5-sqldrivers-sqlite3 がインストールされます。 akonadi が利用するデータベースドライバですね。
ちなみに MySQL を選択すると databases/qt5-sqldrivers-mysql がインストールされます。

これで今日は akonadi は SQLite3 を利用するようになる。わーいっ!! などと喜んではいけません。 akonadi は今でも default で MySQL を利用するようになっているので、設定を変更して上げる必要があります。

設定変更するファイルは ${HOME}/.config/akonadi/akonadiserverrc になります。 akonadi を一回起動(しようと)すると生成されます。

[Debug]
Tracer=null

[%General]
Driver=QSQLITE3

[QSQLITE3]
Name=/home/USERNAME/.local/share/akonadi/akonadi.db

 
起動直後は [%General] では Driver=QMYSQL と書かれていると思いまずが、これを上記のように変更し、更に [QSQLITE3] を書いてデータベースを指定してあげます。

設定ファイルが完成したら akonadictl restart するか、一回ログアウトしてから再度ログインし直すと良いでしょうか。再度ログインすると mysqld が起動していないのに akonadi が動作しているのが嬉しいですね;-)。

これで mysqld が起動しない分 PC の負荷が多少は軽くったでしょうか? もしかしたら気分的な問題かぁ?

 
では、そもそも akonadi 自体を起動したくない場合はどうするか?

一番簡単なのはコンパイルのオプションで SQLite3 を指定して、設定フアイルである akonadiserverrc には MySQL を利用する設定を記載することです。

databases/qt5-sqldrivers-sqlite3 や databases/qt5-sqldrivers-mysql などがデータベースドライバになるのですが、設定ファイルで選択したデータベースのドライバが無い場合には akonadi が起動しません。

それとは別に [QSQLITE3] や [QMYSQL] の中に StartServer=false と掛けば akonadi が起動しない。と、いう話のようですが、実際に記載した設定ファイルを用意しても akonadi は起動してしまいました。残念。

[Debug]
Tracer=null

[%General]
#Driver=QSQLITE3
Driver=QMYSQL

[QSQLITE3]
Name=/home/USERNAME/.local/share/akonadi/akonadi.db
StartServer=false

[QMYSQL]
Host=
Name=akonadi
Options="UNIX_SOCKET=/tmp/akonadi-USERNAME.73cx0k/mysql.socket"
ServerPath=/usr/local/libexec/mysqld
StartServer=false

 
と、いうことで akonadi のコンパイル時に SQLite3 を指定して、上記のように設定ファイルを記載すると、起動しなくなります。

起動したい場合には [[%General] で Driver=QSQLITE3 を有効にして Driver=QMYSQL をコメントアウトすれば OK です。

これで akonadi がずいぶんと楽しいものになったかな? ;-)。

9月 092018
 

僕が利用している ThinkPad E145 はカーネルがずっと 10.1-RELEASE のままで、ユーザランドが 10.4-RELEASE だったりしていました。これは以前にも書いていますが suspend/resume が動作しなくなる。resume 後にバックライトの調整ができなくなるため、しかた無く。の対応だったんですね。

あと、ThinkPad E145 はグラフィックスカードに Radeon HD 8330 を利用していて、このチップは radeonkms.ko では未対応で Xorg のドライバでは VESA を利用していたんですね。

そして、 KDE5 は 10.4-RELEASE でコンパイルしたものは、コンパイルしたバージョンとは違う 10.1-RELEASE 上では動作しない。と、いうことになり、そろそろ新しい NotePC を買うことを考えていたところに drm-next-kmod がバリバリと動作する。 Radeon HD 8330 も radeonkms.ko で動作するようだ。と、いうので 10.1-RELEASE から 11.2-RELEASE にいっきに上げてみることにしました。

と、ここまでが前振りです(^^;;。
freebsd-update でいっきに 11.2-RELEASE にして pkg delete -a で古い packages を削除したあとに 11.2-RELEASE でコンパイルした KDE5 一式をドドドとインストール。その他 NotePC に必要なモノをインストールします。

そして、今回はそこに graphics/drm-next-kmod をインストールします。 /usr/ports/graphics/ の下を見ると、全部で以下があるようです。

・drm-devel-kmod/
・drm-legacy-kmod/
・drm-next-kmod/
・drm-stable-kmod/

まぁ、見て、雰囲気が大体解ると思われますが;-)。

graphics/drm-next-kmod をインストールすると /boot/modules/ の中がずいぶんとにぎやかになります。

この中から radeonkms.ko を見つけ出してブート時に kldload するように、/etc/rc.conf に設定します。

# --- kernel module load --- #
kld_list="/boot/modules/radeonkms.ko"

 
radeonkms.ko は今回 graphics/drm-next-kmod でインストールしたモノと別にシステム標準の /boot/kernel/radeonkms.ko があります。 /boot/loader.conf に radeonkms_load=”YES” と書くとシステム標準のカーネルモジュールがロードされてしまうため、上記のように記載します。

インストールが完了したあとは /etc/X11/Xorg.conf を編集してあげます。最近は /usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/ 内にドライバ・キーボード・マウスなど、個別のファイルを用意して /etc/X11/Xorg.conf は書かない。ってのが流行みたいですねぇ。まぁ、どっちにしろ Section “Device” の項を書き換えます。

Section "Device"
        Option      "TwinView" "true"
        Option      "TwinViewOrientation" "LeftOf"
#       Option      "RegistryDwords" "EnableBrightnessControl=1"
        Identifier  "Card0"
#       Driver      "radeon"
#       Driver      "vesa"
        Driver      "modesetting"
        BusID       "PCI:0:1:0"
EndSection

 
Driver radeon は動作しないので、しょーがない。今までは Driver vesa で使っていたのですが、今回 graphics/drm-next-kmod にしたので Driver modesetting にしました。最近の Xorg は賢くなって色々なモノを自動認識するようになり、デバイスにあったカーネルモジュールをロードしてくれるようです。

と、いうことで上記の設定ができたらリブートしましょう。
リブート後、僕の ThinkPad E145 では以下のカーネルモジュールがロードされるようになりました。 linuxkpi.ko が今回のカナメでしょうかねぇ。

--- <上略> ---
23    1 0xffffffff82421000 15d6d9   radeonkms.ko
24    1 0xffffffff8257f000 74b70    drm.ko
25    4 0xffffffff825f4000 edc8     linuxkpi.ko
26    3 0xffffffff82603000 114b8    linuxkpi_gplv2.ko
27    2 0xffffffff82615000 6b8      debugfs.ko
28    1 0xffffffff82616000 23f8     radeon_kabini_pfp_bin.ko
29    1 0xffffffff82619000 23f8     radeon_kabini_me_bin.ko
30    1 0xffffffff8261c000 23f8     radeon_kabini_ce_bin.ko
31    1 0xffffffff8261f000 43f8     radeon_kabini_mec_bin.ko
32    1 0xffffffff82624000 2a78     radeon_kabini_rlc_bin.ko
33    1 0xffffffff82627000 12e8     radeon_kabini_sdma_bin.ko
34    1 0xffffffff82629000 38eb0    radeon_bonaire_uvd_bin.ko
35    1 0xffffffff82662000 13328    radeon_BONAIRE_vce_bin.ko
36    1 0xffffffff82676000 37528    linux.ko
37    2 0xffffffff826ae000 2d28     linux_common.ko
38    1 0xffffffff826b1000 31e50    linux64.ko
--- <以下略> ---

 
Xorg を起動し、ログインマネージャの x11/sddm を起動し KDE5 にログインします。そして、 「KDE システム設定」から[ディスプレイとモニタ]->[Compositor]ときて、[レンダリングバックエンド]を確認します。VESA ドライバを利用していたときは選択できるのは xdandr のみだったのですが、今は OpenGL2.0 や 3.1 が指定できます。おぉっ!! これで 「ゆれるウインド」とか「魔法のランプ」などが利用できるようになるっ!!

ってんで、 graphics/drm-next-kmod の恩恵が受けられるのでありました。

 
で、次のステップですが、 まだ、以下の二点が残っております。

・suspend/resume はちゃんと動くの?
・バックライトの明るさ調整はできるの?

まず、suspend/resume についてですが、最初の 1,2 回はフタを閉じた段階でシステムごとフリーズしていたので『むむむ。 graphics/drm-next-kmod は suspend/resume に対応してないのか?』などと思ったのですが、ロードするカーネルモジュールとかその他設定を見直すことで無事に suspend/redume が動作するようになりました。

ThinkPad E145 では acpi_video.ko はまともに動作してないので利用していません。 acpi_ibm.ko はバックライト調整はできないけどボリューム調整はできるのでロードしています。

 
次にバックライト問題ですが、これは、本家でも wiki の掲載があるほどなので、ことは一大事なのでしょうなぁ。

https://wiki.freebsd.org/Graphics/Brightness

ここに書いているのは一通り試しました。上にも書いた通り ThinkPad E145 は Radeon HD 8330 なので intel_backlight (ports 的には graphics/intel-backlight) を使うと Device not found. です。あら。つべたい。

accessibility/sct はオプションの数値を変えると色が変わるので、 LCD brightness とはちょっと違う。

で、結局、僕は xrandr を使うことにしました。xrandr は VESA ドライバを利用している頃はまともに動作しなかった (Can’t open display と表示される) のですが、 graphics/drm-next-kmod を使うと無事に動作するようになりました。

まず、以下のコマンドを打ってディスプレー名を取得します。

$ xrandr --listmonitors
Monitors: 1
 0: +*LVDS-1 1366/256x768/144+0+0  LVDS-1

 
最後の LVDS-1 が重要で VESA ドライバを利用していた頃はこの値が表示されず xrandr で明るさの調整ができなかったんですね。今回 graphics/drm-next-kmod を利用することによりちゃんと動作するようになりました。ここまで来ればラクショーです。あとは以下のようにコマンドを打って画面の明るさ調整をすれば良いだけ。

$ xrandr --output LVDS-1 --brightness 0.8

 
今動作している明るさが 1 で、それよりも暗くしたい場合は 1 以下の数値を小数点で指定し、更に明るくしたい場合は 1.2 とか指定すれば良いです。

雰囲気的には機械的にバックライトを調整するのではなく、画面の色をグレーにすることで暗くなったように見える。と、いう機能ですね。ハードウェア的にバックライトを暗くしてないのでバッテリー運用のときは要注意って感じでしょうか。

 
と、いうことで CPU/GPU 共に AMD な NotePC である ThinkPad E145 ですが、

・11.2-RELEASE にした
・graphics/drm-next-kmod で Radeon HD 8330 を認識してくれる
・KDE5 が使えるぞぉ (これは当たり前;-)
・suspend/resume ができる
・バックライト調整も一応できる

と、いう状態になり、ほぼほぼ満足な結果です。細かく言うと

・キーボードが 101 のままだぁ
・マウスの動作があやすぃー
・音の出るところ調整(スピーカーかイヤホンか)

など、ありますが、それらは Xorg の設定で調整するもヨシ。KDE5 側で設定するもヨシ。と、いう状態なので、道は色々あります。それらを一応全て解決できたので、僕の ThinkPad E145 は壊れなければあと 4,5 年は持つような気がしてきました;-)。

8月 202017
 

自宅のネットワーク内で mDNS を流していたら LLDP 流す必要ないやんかー。などと思うんですけども。
mDNS は網内というかルータを超えないセグメント内でマルチキャストを流し、 LLDP も同様に L2 レベルでマルチキャストを流します。

LLDP (Link Layer Discovery Protocol) は接続しているマルチベンダーの機器に対して自分の情報をお知らせするためのプロトコルです。
CDP (Cisco Discovery Protocol) は CIsco 機器だけでしか機器の情報を交換することができませんが、 LLDP は様々なネットワーク機器・サーバが流すことができます。

例えば Cisco ルータ(スイッチでも良いけど;-) で CDP を利用しているとき、VMware ESXi などのハイパーバイザーの NIC は CDP を吸収します。そして、仮想マシンでは LLDP を流すことにより、どのスイッチに、どんな物理サーバ (ESXi が動作している物理サーバ) が接続していて、その物理サーバ上でなんという仮想マシンが乗っているか、 CDP+LLDP で一目瞭然把握できるのであります。

なので、サーバ上で LLDP を流すのはネットワーク機器にとっては良い感じなのですね。

サーバ運用者主体で機器情報を収集するのであれば mDNS を起動しておくだけでも全然問題はないのですが、スイッチのどのポートに何が接続しているか? と、いう情報まで収集したいのであれば ESXi で CDP を、仮想マシンでは LLDP を動作させるのがグーです。

 
FreeBSD には ports として net-mgmt/cdpd/ もあるし net-mgmt/lldpd/ もあるのでどっちも動作することができます;-)。

が、今回は LLDP について書いてみます。

まぁ、 ports から net-mgmt/lldpd/ を make install しておしまい。って感じですが、 make config のオプションが悩ましい。 BASH も ZSH もインストールしたくないので [ ] として、 SNMP を [X] にすると net-mgmt/net-snmp/ をインストールしてしまい大げさになるし・・。まぁ、お好みで;-)。
JOSN や READLINE 、 XML などは lldpctl -f で出力フォーマットを指定できるのですが、そのときに利用します。

そして、インストール後ですが、設定フアイルは sample さえもインストールされないので自力で用意する必要があります。設定ファイルは /usr/local/etc/lldpd.conf になります。 man lldpcli すると書式が解ります。
僕の場合は以下の書式を作りました。

#configure system hostname "wanchan"
#configure system description "FreeBSD-10.3-RELEASE"
configure system interface pattern em*,bge*,re*,wlan*,ue*,vmx*
configure system ip management pattern 192.168.*,*:*
#configure med fast-start enable
#configure med location address floor "32F"

 
最後の “configure med location address” な設定はどえりゃー複雑で、ちゃんと形式に沿って記述されてないとエラーになります。イヤになって、書く必要ねぇやぁ。みたいな感じですf(^^;;。
設定は上から順に

  • ホスト名
  • OS とバージョン
  • LLDP で流す NIC の情報 “,” で区切って複数指定できます
    IP アドレスの情報は勝手に取ってきて流してくれます
    実は wlan* は not an ethernet device なので動作してくれません
  • IP アドレスのレンジの情報
    IPv4・IPv6共に指定できます
  • Enable LLDP-MED extension の指定
    FreeBSDの ports の場合 configure 時に –enable-lldpmed が付いてないので不要っぽい
  • 上にも書いた通り設置場所情報
    snmpd が動作していれば不要だよねぇ。ふつーは・・

準備ができたら service lldpd onestart して、起動を確認します。

 
続いて確認方法ですが、僕の家には Cisco ルータもしくはスイッチが無いので VyOS で確認してみました。

まず VyOS で LLDP を有効にします。

set service lldp interface eth0

 
FreeBSD 側から LLDP が届いているか確認するには以下のコマンドを打ちます。

takachan@vyos:~$ show lldp neighbors 
Capability Codes: R - Router, B - Bridge, W - Wlan r - Repeater, S - Station
                  D - Docsis, T - Telephone, O - Other

Device ID                 Local  Proto  Cap   Platform             Port ID 
---------                 -----  -----  ---   --------             ------- 
wanchan.running-dog.net   eth0   LLDP   RS     FreeBSD 10.3-RELEAS em0     

 
VyOS には LLDP の確認コマンドに対しては show lldp neighbors しかないので貧弱です。Cisco スイッチのように show lldp entry HOGE みたいなのがあっても良いのですけどねぇ。そーいうのはないようです。

 
lldpd を起動した FreeBSD 側での確認するには lldpcli コマンドを利用します。
ウダウダ出るので詳細は書きませんが以下のコマンドを打つと『なるほどね。』となると思います。
あ。 root でコマンドを実行する必要があります。

  • lldpcli show chassis
  • lldpcli show neighbors
  • lldpcli show neighbors summary
  • lldpcli show neighbors ports vmx0
  • lldpcli show statistics

lldpcli コマンドは UI が貧弱なのでとんなオプションがるのかちぃーとも分かりません。しょーがないのでソースコードで確認です。 src/client/show.c を眺めてオプションを把握しますX-|。

なお、 lldpcli が面倒な場合は素直に lldpctl コマンドでオプション無しが良いでしょう。 -h でパラメータも表示してくれます。

 
ただ、 FreeBSD で動作する lldpd は多少問題があるようです。

1). ports の Makefile があやすぃ・・。
net-mgmt/lldpd/Mkaefile の中の CONFIGURE_ARGS で –with-privsep-chroot=/var/empty という行があるのですが、 /var/empty って Read Only やんけ。 lldpd は起動時に /var/empty/etc/timezone を生成しますがそれができないので WARNING なメッセージが出力されます。
僕は Makefile をいじって –with-privsep-chroot=/var/run/lldpd にしてしまいました。

2). bsnmpd と相性が悪い?
lldpd を起動すると以下のメッセージが出力されます。

snmpd[810]: RTM_NEWMADDR for unknown interface 0

 
/usr/lib/snmp_mibII.so の handle_rtmsg() で出ているんだけど、原因がイマイチ分からん。bsnmpd と lldpd を同時に起動すると上記のメッセージが出力される場合があります。

気付いたのはこの二点かな。

 
これで一応、FreeBSD も LLDP を投げるようになり lldpcli で確認することもできます。 lldpcli は mDNS でいうところの avahi-browse と似たようなモンんでしょうかね。

上にも書いた通り mDNS を利用するか LLDP を利用するかについてはネットワーク運用部門の人と綿密に計画を立てて行うのが良いかと思われます。 Cisco 機器の場合 LLDP をサポートしている機器や ISO のバージョンがあまり多くはないような気がしないでもないですし。

まぁ、それにしても、自宅のネットワークの場合は全て僕一人で行うんですけどもね;-)。

5月 182017
 

と、いうことで非常に簡単なエントリーですが、困っている人もたくさんいるのではないかと思うので書いておきます。あ。 ports-CURRENT を追いかけている人向けです。

Vmware ESXi 上で FreeBSD を動作させている人は ports から emulators/open-vm-tools/ もしくは emulators/open-vm-tools-nox11/ をインストールしているかと思われます。

これ、ずいぶん前から FreeBSD/amd64 10.3-RELEASE ではコンパイルが通らなくなっているんですよね・・。
lib/user/utilBacktrace.c の中でエラーが出ています。

FreeBSD な ML でも話題になっていますが、誰も相手にしてくれないようで・・。 orz

https://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-virtualization/2017-January/005186.html

けどもまぁ、一応、パッチを当てて FreebSD/amd64 でコンパイルが通るようにしたので、そのパッチをここに記載しておきます。
以下がパッチです。

--- lib/user/utilBacktrace.c.orig       2017-05-17 22:23:46.088791000 +0900
+++ lib/user/utilBacktrace.c    2017-05-17 22:23:53.932119000 +0900
@@ -54,7 +54,6 @@

 #ifdef VM_X86_64
 #   if defined(__GNUC__) && (!defined(USING_AUTOCONF) || defined(HAVE_UNWIND_H))
-#      define UTIL_BACKTRACE_USE_UNWIND
 #   endif
 #endif

 
これを patch-utilBacktrace.c という名で保存して emulators/open-vm-tools/files/ 辺りにでもほーりこんで make してみてください。

このパッチですが、注目点としてその上の行の ifdef VM_X86_64 の部分です。

実は手元に Vmware ESXi 上で動作する FreeBSD/i386 があるのですが、これでは無事に emulators/open-vm-tools-nox11/ のコンパイルが通りました。

ってことは、つまりはなんだい?

VM_X86_64 のとき(それはつまりはアーキテクチャが x86_64 のとき。と、いうことですね)に UTIL_BACKTRACE_USE_UNWIND が define されて lib/user/utilBacktrace.c をコンパイルすることになって、それがエラーになるのでコンパイルが通らない。と、いうことですね。

ならば UTIL_BACKTRACE_USE_UNWIND を define させなければ良いんじゃーねーのかい? FreeBSD/amd64 だからといってもデバッグ用のロジック(本当か? f(^^;)は FreeBSD/i386 にもないんだからいらねーだろ。って発想です;-)。

果たして、上記パッチを適用することにより FreeBSD/amd64 でも emulators/open-vm-tools-nox11/ のコンパイルが無事に通ったのでありました。

あ。コンパイルが通っただけでなく、利用もしていますが、今の所問題は出ていないです;-)。

 
すげー、お気楽なパッチですが、最新版の emulators/open-vm-tools-nox11/ が FreeBSD/amd64 に今すぐ必要・直ちに必要などという人は参考にしてみてください。

 
ずいぶん前からコンパイルが通ってないのだけど、まだまだ当分、直らないんだろうなぁ。などと思っております・・。

5月 102017
 

一個前のエントリは RPi ZERO で FreeBSD/arm 11.0-RELEASE が動いた。というお話でした。RPi 2/3/ZERO 上で動作する OS はディスプレーが無いので Zeroconf を動かして ssh hoge.local したいと思いますよね。

そして、以前のエントリで「Zeroconf 考察」というのを書いているのですが、デスクトップには Avahi をインストールして、サーバなどはより軽量な mDNSResponder をインストールすれば良いよ。などと書いているのですが、 mDNSResponder は core dump するなど、どうも動作があやすぃ・・。
なので、いっそのこと Avahi で統一したいモノだ。などと思っていたんですけども net/avahi-app/ は、サーバには不要なモノをインストールしすぎる。

そんなこんなで、もっと簡単にインストールできる軽量版の net/avahi-app/ の ports を作成しました。名前を avahi-app-small としていますが・・。
以下の URL にあるので、もし試してみたい。と、いう方がいましたらダウンロードしてみてください。

http://icmpv6.org/Prog/FreeBSD_ports/ports-avahi-app-small-20170510.tgz

インストールは以下の通り。

# cd /usr/ports/net/
# tar xvzfp ~/ports-avahi-app-small-20170510.tgz
# cd avahi-app-small/
# make install

 
フツーの ports をインストールするのとなんらかわりはありません。が、注意点が一点だけあります。クライアント側の ports である dns/nss_mdns/ を make install するより先に avahi-app-small をインストールしてください。

ではどの辺りが違うのか? 軽量なのか?

標準の net/avahi-app/ の ports は以下をインストールします。

Shared Libs required:
        libintl.so.8
        libglib-2.0.so.0
        libgobject-2.0.so.0
        libexpat.so.1
        libgdbm.so.4
        libdaemon.so.0
        libdbus-1.so.3

 
devel/glib20/ や devel/gobject-introspection/ は関連性でサーバには要らんモノ (cairo とか freetype2 とか python27 とその関連性の ports など)をドドドとインストールしてとてつもないことになるし sysutils/gnome_subr/ なんてのも要らんし・・。

僕が作成した avahi-app-small の ports をインストールすると以下がインストールされます。

Shared Libs required:
        libdbus-1.so.3
        libintl.so.8
        libdaemon.so.0
        libexpat.so.1

 
これだけです。 非常に軽量にインストールできます。 Avahi 自体は dbus を利用しているので dbus は必須になってしまいますが、これはまぁしょーがないか。
ports からインストールするとコンパイルのために色々インストールされますが、あとで pkg autoremove するか、コンパイルの時間がもったいない場合には packages からインストールしてください。

 
ports の Makefile では LIB_DEPENDS は最小限にして CONFIGURE_ARGS では不要なモノを色々 disable にしています。これだけでずいぶんと小さくなりました。
GNOME 必要ねーし。 Makefile の以下の行は何のためにあるんだぁ?

avahi-post-patch:
    :
        @${REINPLACE_CMD} -e 's|%%RC_SUBR%%|/etc/rc.subr| ; \
                s|%%GNOME_SUBR%%|${GNOME_SUBR}|' \
                ${WRKSRC}/initscript/freebsd/avahi-dnsconfd.sh.in \
                ${WRKSRC}/initscript/freebsd/avahi-daemon.sh.in
    :

 
files/patch-initscript_freebsd_avahi-daemon.sh.in には +. %%GNOME_SUBR%% なんて最初から書いてあるし・・。

と、いうことで要らんモノを削ぎ落としていったらすごい軽量な(それはつまりは、余計なモノをインストールしなくて済む。と、いうことで、動作的に軽くなった。と、いう意味ではない;-) Avahi がインストールできるようになりました。
試したのは avahi-daemon avahi-dnsconfd avahi-browse くらいですが、これだけ動けば、一応問題はないでしょ? f(^^;;。

あ。ports 的にはノラです;-)。gnome@freebsd.org (メンテナ) に連絡して「make config で余計なのインストールするのやめるように、選択できるようにしてくれよー。」って、ツッコミ入れるのはアリだと思うのですけどねぇ・・。

今回の ports はサーバと FreeBSD/arm で動作させるために作成した。と、言っても過言ではないですが、これで自宅のデスクトップとサーバは Linux も含めて全て Avahi になった。あ。macOS は別だぁ;-)。

4月 052017
 

FreeBSD の ports CURRENT を追いかけていると svn update したあとに portmaster -D -a するクセが付いているのでそれをやってバシバシ最新の ports/pkg を利用しているんだけど・・。

だいたい、時期を同じくして portmaster -D -a してのバージョンアップと Xming の利用が一緒になり、前のエントリの中で『Xming では mozc で日本語入力ができない。』などと書いていたのですが、なんとっ!! よくよく調べてみると GTK-3.0 を利用しているアプリの日本語入力ができなくなっていることがわかった。

KDE 系のアプリは Xming 経由や、素の Xorg 上では日本語入力ができるけど GTK-3.0 なアプリが日本語入力できなくなっていた。

最近は GTK-2.0 から 3.0 への過渡期で、僕の場合は GNOME3 は使ってないんだけど emacs や firefox は GTK-3.0 を明示的に指定して ports のコンパイルをしているし xfce4-terminal も default で GTK-3.0 を利用するようになっている。

と、いうことで今更ながら GTK-2.0 の IM 周りの設定を見直してもショウガない。 xfce4-terminal などは ldd で確認すると libgtk-3.so.0 を利用しているしね。
と、いうことで GTK-3.0 の日本語入力の設定の見直しです。

あ。 GTK-3.0 のアプリで日本語が入力できなくなったのは 03/31 に svn update して portmaster -D -a してからですね。その前まではちゃんと日本語が打てていました。

 
GTK-3.0 の設定はインストールすると、以下のディレクトリに散りばめられます。

・/usr/local/lib/gtk-3.0/3.0.0/
・/usr/local/etc/gtk-3.0/
・$HOME/.config/gtk-3.0/

この中に IM に関する設定ファイルが必要なります。

ちなみに GTK-2.0 の場合には日本語入力するためのファイルは以下になります。

・/usr/local/etc/gtk-2.0/gtk.immodules

このフアイルのおかげで、環境変数に以下を設定した場合に GTK アプリで日本語入力ができるようになります。

export QT_IM_MODULE=xim
export GTK_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx

exec mozc start
exec fcitx

 
僕の場合は QT_IM_MODULE を設定して KDE アプリで xim を利用し、 GTK_IM_MODULE も同様で、日本語入力には fcitx を mozc 経由で利用しています。

今回は GTK-3.0 のアプリについてですが、 GTK-2.0 の頃には /usr/local/etc/gtk-2.0/gtk.immodules があったのですが /usr/local/etc/gtk-3.0/ の下にはそんなファイルがありません。

なので作ってあげる必要があります。その場合、以下のコマンドを打ちます。

# cd /usr/local/etc/gtk-3.0/
# gtk-query-immodules-3.0 > gtk.immodules

 
さてと。準備完了。では xfce4-terminal を起動して Shift+SPACE を押してと。あれま。ダメだ・・。
と、いうことで上記の設定ファイルを用意してもダメなようです。

しょーがないので GTK-3.0 のドキュメントを読んでみることにしましょう。

https://developer.gnome.org/gtk3/unstable/gtk-running.html

上記の URL に書かれている説明では immodules の設定ファイルは immodules.cache という名になっているようです。では先程作成したファイルを mv して名前を変更して再度トライ。

しかし、ダメなようです。あれま・・。

上記のドキュメントを読むと直接ほーりむようなことが書いてあるので ports がフアイルをインストールしたディレクトリに直接用意してみることにします。

# cd /usr/local/lib/gtk-3.0/3.0.0/
# gtk-query-immodules-3.0 > immodules.cache

 
これで再度 xfce4-terminal を起動して Shift+SPACE を押してみます。おぉっ!! 今度は無事に fcitx の画面が表示されて日本語が打てるようになりました。メデタシメデタシ。

と、いうことは ports のバグっぽいので、今後バージョンアップされたときには直ることでしようなぁ。 ちなみに 03/31 の ports でインストールされた GTK-3.0 のバージョンは gtk3-3.18.8_4 です。
次にバージョンアップするとしたら gtk3-3.18.8_5 かな? 😉

 
GTK-3.0 のアプリで日本語が今まで打てていたのに急に打てなくなった。と、いう方は上記のように試してみてください。

7月 112016
 

今年の四月くらいに FreeBSD でも Let’s Encrypt が利用できるようになった。と言う話を耳にして、当時は letsencrypt コマンド(当時の ports 的には security/py-letsencrypt) を利用するとサクサクっと Let’s Encrypt な証明書を利用したSSL サーバが利用可能な状態となりました。
それから約三ヶ月が過ぎて Let’s Encrypt 的にもコマンドが letsencrypt-auto から certbot-auto になって、 FreeBSD の ports 的には security/py-certbot もしくは security/letsencrypt.sh という二つの実装が提供されるようになりました。

さて。今年の四月くらいに letsencrypt コマンドで生成した証明書が有効期限切れになるのでアップデートしようと思い、普段からこまめに portmaster -D -a している環境においては既に letsencrypt がなくなっていたので certbot で実行したら以下のようなエラーが出てまるで動作しなくなってしまった・・。 orz

SSLError: ("bad handshake: Error([('SSL routines', 'SSL3_GET_SERVER_CERTIFICATE', 'certificate verify failed')],)",)

 

なんかねぇ。おかしいんですよ。で、色々聞いたり調べたりしたところ、どうやら security/ca_root_nss のインストールが変なんじゃないか? という結論に達したのであります。

security/ca_root_nss をインストールするときの make config で 以下のように ETCSYMLINK のオプションを [X] にしてあげないとダメなようです。

ca_root_cert

上記オプションを有効にして make install すると /etc/ssl/cert.pem が sysmlink で生成されるようになります。 ETCSYMLINK のオプションは以前は [ ] な時期(それはつまりはオフになっている状態。と、いうことです)もあったりしたので古い make config の情報を使いまわしている人は ずっとオフのまんまで来ていたりするので『自分の make config の結果はどっちだったかな?』などと、確認するのも良いかもしれないです。

letsencrypt コマンドのときは /etc/ssl/cert.pem が無くとも大丈夫だったのに certbot コマンドを利用するようになったら /etc/ssl/cert.pem が必要になりました。ふむー。

/etc/ssl/cert.pem と同じファイルは全部で以下が存在します。

/usr/local/share/certs/ca-root-nss.crt
/usr/local/openssl/cert.pem
/usr/local/etc/ssl/cert.pem
/etc/ssl/cert.pem

うーむ。 ports からインストールしたものは素直に /usr/local/etc/ssl/cert.pem を参照してくれれば良いのになぁ。などと思うのですが、この辺り、見事に『はまり道』です。

ports から security/py-certbot をインストールして上記のようなエラーメッセージが出てまともに動作しない場合には是非 /etc/ssl/cert.pem があるかを確認してみてください。

 
あと、 /etc/ssl/cert.pem はあるけど、それでも上記のエラーメッセージが出て certbot コマンドが動作しないことがあるかもしれませんが、それは多分、過去に letsencrypt コマンドで既に証明書を発行してもらい、その後の証明書ファイルの更新時にcertbot コマンドを利用しようとすると発生するのではないかと思われます。
その場合は悲しいけれども、一旦 /usr/local/etc/letsencrypt/ ディレクトリを削除もしくは名前変更してから再度、新規に /usr/local/etc/letsencrypt/ ディレクトリを作成すると無事に動作します。古いコマンドを実行したときに参照した cert.pem ファイルの情報を保持しているのでしょうなぁ。

以上、FreeBSD において certbot を使ったときの『はまり道』についてなのでありました。

あ。 certbot の使い方とか書いてないですが、大丈夫ですよね?;-)。

2月 202016
 

いやぁ。一月は全くエントリがなかったのに二月はドドドと連チャンになってしまいました;-)。

と、いうことで本題。

FreeBSD で Thunderbird を利用していると、一緒にカレンダーアプリである Lightning を make config の時に指定することができます。あ。ports で make するときのお話です。
しかし、ports から Thunderbird と一緒にインストールした Lightning は日本語化されてないんですね。 Windows 版などはインストール後に Lightning も日本語表示できるのに・・。

と、いうことで以前「Lightning の自動日本語化。」と、いうエントリを書いてしばらくは対応できていたのですが thunderbird-38 系になって、このスクリプトを動かしても日本語化してくれなくなりました。モロモロ状況が変わったのでしょうなぁ。

と、いうことで久しぶりに Thunderbird と Lightning を調査した結果、以下のことが解りました。

  • FreeBSD の ports からインストールした Thunderbird は Lightning が以下のディレクトリにインストールされる。

    /usr/local/lib/xpi/lightning@thunderbird.mozilla.org/

  • この中の chrome.manifest をいじって chrome/ ディレクトリの中に locale ファイルをほーりこんでも日本語化されない。
  • FreeBSD の ports からインストールした Thunderbird は Lightning が上記ディレクトリにインストールされる他に、以下のディレクトリにも合わせてインストールされる。

    $HOME/.thunderbird/乱数.default/extensions/{e2fda1a4-762b-4020-b5ad-a41df1933103}/

以上の調査結果から、日本語 locale ファイルをインストールするのは ~/.thunderbird/ の中の Lightning エクステンションの中にインストールして上げなければならない。と、いうことが解りました。

いやぁ。ハマりますなぁ。これは・・。まさか二箇所にインストールされている(もしくは、バージョンアップした Thunderbird の最初の起動時に $HOME 配下にコピーする)とは思っていなかった。

 
と、いうことでサクっと日本語するスクリプトを更新したので、必要な方は以下の URI からダウンロードして試してみてください。

http://icmpv6.org/Prog/lightning-ja-20160219.tgz

簡単なスクリプトなので、詳しい説明はしません。中を覗いてください;-)。

スクリプトの lightningversion=’4.0.3.1′ は狙い撃ちしています。 install.rdf のバージョンを確認すると 4.0.6 になっているのですが、そのディレクトリが ftp.mozilla.org のサイトに見当たらないんですよね。
なので、新しいバージョンが出たら lightningversion=’4.0.3.1′ を変更してください。

 
と、いうことでカレンダーの日本語化、復活です;-)。

10月 182015
 

ちょっと前のエントリで「Zeroconf 考察。」というのを書きました。デスクトップで利用する場合には Avahi を、サーバで利用するなら mDNSResponder+howl で。って感じのエントリでした。

さて。サーバ側で利用している mDNSResponder (正確には mdnsd のこと) ですが、こいつは非常にお行儀の悪いプログラムですねぇ。さすがは Apple 謹製って感じでしょうか;-P。

どの辺りがお行儀悪いのか?

mdnsd は起動してからのログが随分と出力されます。例えば、サーバの場合は複数のインターフェースを持っていて、アクセスされたくないインターフェースには ipfw などで止めたりします。しかし、 mdnsd はそんなのお構いなしにサーバの全てのポートにマルチキャスト DNS パケットを port:5353 に流しまくりなんですね。

挙句の果てには『bge1 にパケット投げたら Permission denied だった。』とかログを出しまくりで、ヘタしたら /var/log/messages は mDNSResponder のログで溢れかえっしまいます。

これは非常にウザいので今回はログを一つのファイルに集約するようにして /var/log/messages には出力しないようにしてみましょう。
まずは syslog の設定から。あ。ターゲットは当然 FreeBSD です;-)。

 
o. syslog の設定
今回は mdnsd のログは今回は LOCAL4 に出力するようにします。なので、LOCAL4 に飛んできた syslog の扱いについて設定します。

まずは /etc/syslog.conf の設定変更です。

        :
*.notice;authpriv.none;kern.debug;lpr.info;mail.crit;news.err;local4.none       /var/log/messages
        :
#
local4.*        /var/log/mdns.log
#
        :

 
/var/log/messages に出力されたくないので local4.none を追加します。そして LOCAL4 ファシリティ用のログファイルを設定してあげます。

次に /etc/newsyslog.conf も編集しましょうかね。

        :
/var/log/mdns.log                       644  7     100  *     JC
        :

 
まぁ、こんな感じで登録します。あとは syslod と newsyslog を restart すると準備は完了です。

 
o. mDNSResponder のソース改修
mDNSResponder は ports 的には net/mDNSResponder/ になります。ここでまず make patch とか打ってソースを展開したうえでソースコードを覗いてみます。今回は syslog に関わる部分ですね。

と、いうか mDNSResponder (バイナリ自体は ports の net/howl/ でインストールされる) と、いうか mdnsd (こちらが ports の net/mDNSResponder/ がインストールする) は syslog プライオリティなどを変更するオプションが無いんですね。なのでソースコードを眺めんですけども。

それで、ソースコードを眺めいたらありましたね。 syslog の openlog は mDNSShared/PlatformCommon.c でやっているようですね。

以下はパッチです。

--- mDNSShared/PlatformCommon.c.orig    2012-06-30 13:52:35.000000000 +0900
+++ mDNSShared/PlatformCommon.c 2015-10-16 10:57:01.595162000 +0900
@@ -184,7 +184,7 @@
             fflush(stderr);
         }

-        if (!log_inited) { openlog(ident, LOG_CONS, LOG_DAEMON); log_inited++; }
+        if (!log_inited) { openlog(ident, LOG_CONS, LOG_LOCAL4); log_inited++; }

 #if APPLE_OSX_mDNSResponder && LogTimeStamps
         if (ident && ident[0] && mDNSPlatformClockDivisor)

 
openlog() のオプションで LOG_DAEMON と書かれているので syslog.conf では daemon.none を設定すれば良いような気がしないでも無いですが LOG_DAEMON なプライオリティは他のアプリケーションもドカドカと利用しているような気がするので、今回は LOG_LOCAL4 に変更してみます。

上記パッチは net/mDNSResponder/files/ の中に patch-mDNSShared-PlatformCommon.c としてほーり込むと ports の make 時に毎回有効になるかと思われます。自分の好みでどうにかしてください。

また、僕は LOG_LOCAL4 にしましたが、自分の都合のようプライオリティに変更しても良いのではないかと思われます。

あとは make して deinstall して reinstall 、そしてデーモンを再起動すると全ては完了です。 /etc/syslog.conf に指定した情報の通り、 /var/log/messages 以外のファイルに蓄積されるようになるかと思われます。

 
mDNSResponder と mdnsd は非常に良いのですが、出力されるログが非常に気になるのですが、これで問題解決;-)。

ports の Makefile 自体を改修して make config でログのプライオリティを変更するようにもできるなぁ;-)。
機会があれば書いてみよう;-)。