2月 282017
 

多分、全然、誰も知らないと思うのですが、 FreeBSD の ports に net-mgmt/sysmon/ というのがあります。デーモンモードでサーバなどを監視するプログラムです。開発自体はもうずいぶんと前に止まっている。裏を返せば枯れた監視プログラムなのであろうと思われますが。

以下の URL が参考になるでしょうか。

https://puck.nether.net/sysmon/

プロトコル的には SMTP, IMAP, HTTP, TCP, UDP, NNTP の監視に対応しています。また PING に対応しているのと、個別にポート番号を指定しての監視も行えます。

 
今回、このプログラムを改修するバッチを書いたのでここに掲載しておきます。改修内容は以下です。

o.pingv6 で IPv6 アドレスを記載できるようにした
o.監視ホストの最大数が 1,024 個だったので 4,096 個に拡張した

以上二つの patch が含まれた net-mgmt/sysmon/ の ports の tar 玉を以下の URL に置きました。

http://icmpv6.org/Prog/FreeBSD_ports/ports-sysmon-20170227.tgz

新しく files/ というディレクトリを作成し、そこに二つのパッチを入れてあります。

IPv6 のパッチについてちょっと説明すると監視用の設定ファイルに “type pingv6;” と記載して、監視できるのに “ip” のところに IPv6 アドレスを記載できないんですね。なので IPv6 アドレスを記載できるようにしました。

まぁ /etc/hosts に書けばいーじゃーん。って話もあるんですが、一応 IPv6 記載 OK なパッチを書いた。と、いうことです。

 
監視対象ホストを 1,024 -> 4,096 に拡張してどうすんだ? という話もあるんですが、大規模ネットワーク用の監視になるでしょうかねぇf(^^;;。

実は sysmond を一台のサーバで複数プロセス起動する改修を当初考えたのですが、複数のプロセス(スレッド)を立ち上げると、メモリ上に持っている(1,024個の)監視対象ホストの情報テーブルを各プロセスがシェアしてしまい、上書きしつつ値がぐちゃぐちゃになってしまったので、派手な改修は断念してただ単に対象数を増やした。と、いうことですf(^^;;。

もし、必要な人いましたら使ってみてください。多分、誰もいないであろうと思われますがf(^^;;。

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)