10月 162007
 

前回は BIOS で Cool’n’Quiet を Enable にしたら FreeBSD はブートしませんよ。って所まで書きました。今回はその続編です。

ASUS のウェブサイトを見ていたら、新しい BIOS が出ていたようなので試してみました。今回試したバージョンは 1301 と 1401。しかし、どちらも Cool’n’Quiet を Enable した場合、やありブートしませんでした。あれま・・。

で、前にも書いた通り、僕は Cool’n’Quiet を有効にするために二つのカーネルモジュールをロードしているのだけど、もしかしたら、カーネルモジュールとの相性かが悪いのかと思い、試してみました。そしたら cpufreq.ko のほうをロードすると FreeBSD がピタっと止まる(つまり凍りつく)ということが解りました。

acpi_ppc.ko のほうは特に問題も無く正常に動作して Cool’n’Quiet が有効になっているような気がします。と、言うことで cpufreq.ko は使わず acpi_ppc.koのみをロードすると無事に FreeBSD は動作します。

ちなみに cpufreq.ko を利用した場合は以下の sysctl MIB で CPU 速度が取れます。

dev.cpu.0.freq: 995
dev.cpu.0.freq_levels: 1791/59000 995/21000

 
しかし、今回は cpufreq.ko はロードせず acpi_cpp.ko をロードするので必要な sysctl MIB は以下になります。

hw.acpi.cpu.px_supported: 2100 2000 1800 1000

 
これだと、実際に動作しているクロックが表示されないので、その場合は acpi_cpp.ko に付属の chkfreq コマンドで実クロックを知ることができます。

いやぁ、それにしても一個問題解決して良かった。後は AMD の 690G が X11 で使えるようになるだけだなぁ。あ、後もう一個あった・・。hw.acpi.thermal.tz0.temperature がいつも同じ値しか返さない所もなんとかせねばならんのだった・・。

  3 件のコメント to “ASUS M2A-VM HDMI の続き。そのに。”

  1. SpeedIt と chkfreq。

    僕は Core2Duo 2GMHz な MacBook を持っている。人に教えて…

  2. SMP カーネルと uptime と CPU クロック。そのに。

    前回、「SMP カーネルと uptime と CPU クロック。」で書いたことの…

  3. ASUS M2A-VM HDMI の続き。そのさん。

    さて、ASUS M2A-VM HDMI で FreeBSD を楽しむスレッドのそ…

 コメントを書いてください。

HTML タグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(必須項目)

(必須項目)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)